sou

シカゴタイプライターのsouのレビュー・感想・評価

シカゴタイプライター(2017年製作のドラマ)
4.6
なんと美しく創りこまれた物語だろうと思った。
過去と現在を行き来しながら、複雑なピースが少しずつ組み合わさってゆく様が見事。

薄めで見ていたレビューでは、切ないという感想が多かった。たしかに切なくはあるのだが、とてもよいラストだった。

私は、基本的に戦争ものは辛くなりすぎてしまうので好きではないのだが、このドラマは現代と組み合わさっていることで緩急がつき、とても見やすい。

人物描写、設定も細やかで俳優さんたちの演技も素晴らしかった。
主役と悪役含めた4人。特にコギョンピョとユアインの表情が本当に焼き付いている。強い強い決意の瞳、狂った怒り、動揺する様子、愛おしい顔…数々の表情に惹き込まれた。

大切な人を心から思う姿、その人の幸せのために戦う姿、犯した過ちから逃げずに向き合う姿に、心震えた。

過去にとらわれずに今を生きるということと、生きていればいつでもやり直せるのだという強いメッセージを感じた。

別の時代の話って、自分と違う世界だと考えてしまいがちだけれど、人を思う心や恐怖や不安はどの時代でもどこの国でもきっと同じ。
どこにいても人生は辛いこともあるが、明日殺されるかもしれないという不安に怯えなくていい私たちはやっぱり幸せなのであって、過去に犠牲になった多くの人達の努力の末の平和なのだということは忘れてはならないと思う。