邊見猛

紀州藩主 徳川吉宗の邊見猛のネタバレレビュー・内容・結末

紀州藩主 徳川吉宗(2019年製作のドラマ)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

 みどころ①︰〜2019年度【令和元年度】&第74回文化庁芸術祭︰參加作品部門・4Kハイビジョン大型時代劇スペシャル『紀州藩主・德川吉宗』〜
 みどころ②︰山本耕史のほか・豪華キャストが大集結❢❢。德川8代將軍・吉宗【山本耕史】が,若き日の紀州藩主だった❝紀州の暴れん坊時代を❞【現︰和歌山県・県知事時代を】,リアルに描く❢❢。紀州藩主などを執拗に狙う,不氣味すぎる暗殺者の正体などを探って,身分を隱して&素性を隱して調査を始めた吉宗だが……。
 あらすじ︰1705年【宝永2年】,德川5代將軍・綱吉【中村梅雀】の治世❢❢。父親が&兄哥が【兄貴が】相次いで伝染病で薨去して【こうきょして】,数え年21歳の若さで❝德川御三家・紀州藩主❞に就いた德川吉宗【山本耕史】❢❢。德川綱吉に招聘された【しょうへいされた︰まねかれた】劍道の御前試合の場で・観覽席の場で,後の『大岡裁き』と謂われる,大岡❝越前守❞忠相【渡辺大】と出会す❢❢。ちょうどその頃,紀州國の側用人を狙うナゾの食い詰め浪人が&刺客【森岡豐】が吉宗の家臣たちを次々と襲擊していた❢❢。藩主交代で政情不安定な紀州家を虎視眈々と狙う,何者かの陰謀なのか??。家來・小次郞【正名僕藏】からその話の一部始終を聞いた吉宗は,紀州國の一般藩士❝鷹山新之介❞に成り濟まして調査を始めた❢❢。