にこぺ

アンビリーバブル たった1つの真実のにこぺのレビュー・感想・評価

4.5
丁寧に作られた作品だなあと思いました。①2008年にレイプされたマリー
②2011年にレイプ犯を捜査する女性刑事2人
この二つがゆっくり進みます。
不鮮明な車のナンバーがCSIのドラマのように、みるみる鮮明になっていくということは決してないのです。
なかなか証拠が見つからないじれったさと、レイプがいかに女性を破壊するかということが描かれます。
マリーちゃんがまあ痛々しいし、危なっかしい。ドラマの中に入ってって、どいつもこいつもビンタしてやりたい気分になったわ。悪意が無いのはわかるんだけどね。
女性刑事2人のスタンスが素晴らしく、感謝感激でした。