ヤマダ

オルタード・カーボン シーズン1のヤマダのレビュー・感想・評価

4.0
原作はリチャード・モーガンのSF小説シリーズ。ビジュアルからテーマまで全体的に「ブレードランナー」や「攻殻機動隊」のテイストを感じさせる。
総じてフィリップ・K・ディックの世界観が好きならどハマりは間違いなし。ジョエル・キナマンのタケシ・コヴァッチが似合い過ぎて、次シーズンのスリーヴが誰であれ受け入れられるのかという不安がある。