リリ

ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルーのリリのネタバレレビュー・内容・結末

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ドミニク自身のトラウマはもちろん
双子の兄に対する複雑な愛情が
痛々しくて観ていて辛かった

過去に向き合って自身を知り過ちを認め、更に他者を赦す事が
人生を立て直すのに重要だったようだ

兄トーマスにとっては
どうする事が正解だったのか…
でも施設を出て兄弟で過ごした短い時間はすごく穏やかに見えた

マークラファロが双子だけど全然違う2人を絶妙に演じ分けていて凄かった
(見た目はもちろん
表情、話し方、立居振る舞いなど)
改めて
俳優さんってかっこいいなぁーーと思った


家族でもお互い知らない事がたくさんあり、聞きたいけど聞きにくい事、
墓場まで持っていく話、思い出が誇張されていたり誤解があったり、
過去を辿っていくのは凡人でもしんどい。
今を大切に生きたい。