ChauffeurDeTaxi

ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルーのChauffeurDeTaxiのネタバレレビュー・内容・結末

-

このレビューはネタバレを含みます

精神疾患を患う双子の兄トーマスが図書館で自らの手首を切り落とすショッキングなシーンから物語は始まる。

精神分析医のパテルとのカウンセリングで「双子の片割れ」である弟ドミニクのトラウマを少しずつ解していく。

義理の父親の虐待、癌を患った母の死、娘の死、妻との離婚、そして兄の…。
家族の不幸を一身に背負ったドミニクは、もがき苦しみながら対話をすることで自分をそして家族を赦す。

ドラマの中で滝が何度が出てくる。滝はその崇高さと神秘的な美観により安らぎを与えるが、一方で他界への入り口としての暗喩でもある。

また原作では、パテル医師のオフィスにはシヴァ像が飾られていて、ドミニクの人生の破壊と創造を表している。