茶一郎

ファイヤーフライ 宇宙大戦争の茶一郎のレビュー・感想・評価

4.8
 なぜ打ち切りにしたのか分からない!『スター・トレック』meets「西部劇」なスペースオペラ。皆さまご指摘の通り、タイトルにあるような『〜大戦争』など無く、宇宙を舞台にしたアウトローたちの人情話が一話完結で繰り広げられます。
 
 クリエイターのジョス・ウェドンは『トイストーリー』の脚本家であり、ご存知、『アベンジャーズ』を監督し、現行アメリカ映画界の台風の目マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に火を付けた人物の一人。後にMCUとは決別して、DCエクステンデット・ユニバースの一本『ジャスティスリーグ』の再撮影監督をしていたりもしますが……
 
 特に白眉は13話「荒野に咲く花」で、『荒野の七人』系譜の非常にオーソドックスな西部劇を短時間にまとめ上げたジョス・ウェドン含め、『ファイヤーフライ』製作陣はすごい。
 カルト化し、ファンが署名&お金を集めて続編映画が作られたという語り草も、『ファイヤーフライ』を伝説のドラマに押し上げています。