茶一郎さんの映画レビュー・感想・評価

茶一郎

茶一郎

映画を教養としてお勉強、日々精進
「映画鑑賞のための映画鑑賞」
劇場鑑賞メインで、後はその予習のための鑑賞としています
無言フォロー失礼致しますm(_ _)m
*投稿は個人的なものです。
▼動画でもレビュー しております❗️
http://www.youtube.com/channel/UCcxslMsgH07k6TzF0LWiPRA?sub_confirmation=1

映画(1420)
ドラマ(119)

シャザム!(2019年製作の映画)

3.9

 あんなに顔をしかめて正義について悩んでいたスーパーマンも子どもが見れば、お酒が買えて、ストリップに行けるちょっとイケてる大人に過ぎないのである。
 魔法により「シャザム!」と叫ぶだけで、スーパーヒー
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

4.0

 「備えあれば憂いなし」準備と対策の素晴らしさを教えてくれる優等生すぎる続編『ハロウィン』。『ジョン・カーペンターのハロウィン』以外全てを無かったことにし、その前作・ハロウィンの惨劇から現実と同じく4>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

4.2

 アダム・マッケイの「アホのふりして社会を斬ってみた」シリーズ!今回の主演コメディアンは、W・ブッシュを操り嘘によってアメリカをイラク戦争に向かわせた最悪の副大統領ディック・チェイニーです。
 本作『
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.6

 象が象すぎる今回の『ダンボ』ですが、しっかりとそのガチの象ダンボが可愛いというあたり流石、ディズニーだなと感心させられました。
 そして本作『ダンボ』、これは『ダンボ』というより『ダンボ』を『ピノキ
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.4

 確実に我々のいる現実世界に「銃口」を突きつけてくる、飲んだら美味しいけど危険な美味しい毒薬のような映画『ブラック・クランズマン』。
 本作は、白人至上主義を掲げる危険な秘密結社KKKに黒人警官が潜入
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.8

 「トランスフォーマー」の映画なのに上映時間が2時間半を超えていないという事に驚くという、異常さ。
 今まで爆破王マイケル・ベイが散々荒らした畑にも、まだ栄養が残っていた!?かつてのトランスフォーマー
>>続きを読む

シャイラク(原題)(2015年製作の映画)

4.0

 銃を片手に暴力抗争に夢中な愚かな男どもを止めるため、女性が「ノーピース ノーセックス」を掲げ性のストライキを行う。
 こう粗筋を書くととても馬鹿馬鹿しく、また劇場公開なくVODスルーという事ですっか
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.7

 アナ・ケンドリックとブレイク・ライブリーがスクリーンを支配する、世界最高峰の眼福を誇る映画『シンプル・フェイバー』。
 主演2人と彼女たちのファッションが光り輝く豪華絢爛な映画である一方、「エミリー
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

 おそらく『キャプテン・マーベル』はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上、最も主人公の内面変化を静かに捉えた作品です。

 動画でのレビューはこちらです
 https://www.you
>>続きを読む

セレニティー:平穏の海(2019年製作の映画)

3.4

 マグロのヌシに取り憑かれた『白鯨』さながらの漁師の元に、別れた妻が訪れ、息子を虐待している夫を殺してと頼む。職人脚本家スティーヴン・ナイトの新作『セレニティ 平穏の海』は、何だかよく見るサスペンスか>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.7

 14年に1本の大傑作!コミック、漫画、アニメーション、カトゥーン、ヒップホップ、アクション、ギャグ……あらゆるポップカルチャーとその要素が洪水のように観客を襲うこの『スパイダーマン:スパイダーバース>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

 ケンタッキーフライドチキンが食べたくなる系男の友情ロードムービー。ぽっちゃりお腹のヴィゴ・モーテンセンと、ピアノまで弾いてしまう驚きの演技を見せたマハーシャラ・アリの心地の良い演技アンサンブルに酔い>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.8

 『アバター』に浮気していたせいで温め、ずっと漬けられていた『銃夢』がようやく映画化。しかしこれが20年以上も漬かっていた事で、良くも悪くも「味が染みてて良いね」と思える『銃夢』愛(というよりガリィ愛>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.9

 『グラン・トリノ』が映画俳優クリント・イーストウッドにとっての集大成だとしたら、本作『運び屋』はクリント・イーストウッド「個人」としての集大成のような映画で、見ていて途端に「もしかしたらこれが最期の>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

4.2

  胸キュンと悲痛な現実がボディブローをかましてくる『ビール・ストリートの恋人たち』。『ムーンライト』でアカデミー作品賞を獲得したバリー・ジェンキンス監督が「『ムーンライト』はウォーミング・アップだっ>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

4.0

 稲垣吾郎、長谷川博己、渋川清彦という邦画界最強の幼馴染が繰り広げる三重県版『ディア・ハンター』であり、炭焼き職人お仕事ムービー、そして阪本順治監督の集大成的作品『半世界』。

動画でのレビューはこ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.2

 あのランティモスが普通の宮廷モノを撮るはずがないのですが、やはり普通ではない宮廷モノだった『女王陛下のお気に入り』。
 冒頭、豪華な衣装を剥ぎ取られる女王アンの醜い後ろ姿から「ハイ!ここからは皆大好
>>続きを読む

ヴィクトリア女王 最期の秘密(2017年製作の映画)

3.6

 おばあちゃんが職権を濫用して若い男の子と仲良くするという萌え映画。
 王室の豪華な食事もジャンクフードのごとくムシャムシャと食い散らかす、偏屈で自分勝手なヴィクトリア女王の元に、当時イギリス領であっ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.3

 『ラ・ラ・ランド』コンビ再結成と聞いて劇場に来た観客を殴り、人類初月面着陸という栄光を観に来た観客には冷や水をぶっかける、何とも奇妙な映画『ファースト・マン』。やはりこれは『千と千尋〜』を期待して来>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

 上映時間のほとんど8割!落ち着いたと思ったら、誰かが壁を壊して侵入してくる。アクション、海底都市、お宝アドベンチャーおまけにモンスター、果てはあの日本の怪獣を思わせる怪獣映画になる、具を詰め込みすぎ>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.4

 何とも心地の良い、しかしどうしようもなさだけが募っていく2時間28分。
 とは言え、宣伝文にある「ミステリー」を信じて観ると、かなり期待値に落差が生じてしまいそうなのでご注意を。『バーニング』は主人
>>続きを読む

ジュリアン(2017年製作の映画)

4.2

 近作で言えばグァダニーノ版『サスペリア』よりも全然、ホラーをやっていた本作『ジュリアン』。
 冒頭での離婚裁判、親権争い。母は娘と息子ジュリアンの調書を提出し夫がいかに暴力的であるかを訴え、一方、父
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0

 まさか54年もの歳月をおいておきながらメリー・ポピンズを帰還させようというディズニーの根性には驚くと同時に、やはり涙を流してしまう『メリー・ポピンズ リターンズ』。
 これが伝説的な前作『メリー・ポ
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

4.0

  無言の妻の、その顔、表情、演技、全てが怖い。冷たい恐怖の映画『天才作家の妻』。
 ノーベル文学賞受賞の連絡を受け、子供のように喜ぶ作家の夫の一方で、感情を押し殺すかのように無表情、無言の妻、そし
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

4.4

 ダリオ・アルジェント版『サスペリア』が、全編、お祭りの最中のテンションを維持した異常な映画だとすると、本作『サスペリア』はそのお祭りの前後もしっかり描く、あの静かなワクワク感と後片付け(文字通り「後>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.4

 仮面をかぶっている」のは、ホテルに来たお客様ではなく、この『マスカレード・ホテル』で徹頭徹尾、表情のパターンが変わらない木村拓哉さんなのではないかという説。

 連続殺人事件の次なる現場として予告さ
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

4.1

 シャマランが19年越しで作り上げた「一人ユニバース」で、臆面もなくド直球のストレートをブン投げてきた傑作!いや傑“怪”作!『ミスター・ガラス』!
 本作、一見『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
>>続きを読む

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.8

 観客が主人公の行動を選択して物語を進める「インタラクティブ映画」がNetflixから誕生。
 同様に、観客がアプリを操作して物語を進める映画『Late Shift』なるものがあると聞いた時は驚きまし
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.4

 いつの間にやら調査員から、ヴィジランテヒーローに転職したご様子のリズベットによる『ドラゴン・タトゥーの女』の第二章。
 本作『蜘蛛の巣を払う女』では、リズベットの核攻撃プログラムを犯罪組織から守るハ
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.3

 まさかあの殺人マシーン・ドラゴに体中の水分を搾り取られる日が来るとは……
 『ロッキー』シリーズの再始動、アポロ・クリードの隠し子アドニス・クリードを主人公とする『クリード』シリーズの第二作目が、本
>>続きを読む

マーダー・パーティー(2007年製作の映画)

3.6

 「現代のサム・ペキンパー」と称され、『ブルー・リベンジ』や『グリーン・ルーム』など、ペキンパー『わらの犬』、カーペンター『要塞警察』のような密室でのリベンジ暴力映画の秀作を作り続けているジェレミー・>>続きを読む

デンジャラス・プリズン ー牢獄の処刑人ー(2017年製作の映画)

4.4

 「アイディア」のジェレミー・ソルニエ、「お話」のテイラー・シェリダンと、新時代のアメリカ映画界アクション作家を並べたとすると、明らかに一歩、二歩抜きん出ていると思うのが本作の監督、「演出力」のS・ク>>続きを読む

アタラント号(1934年製作の映画)

4.3

 ベタなラブストーリーのはずが観た後に覚えているのは、猫、ホルマリン漬けのニンゲンの手、おじさんの全身刺青……という隠れ変態映画だと思う『アタラント号』。数々のオールタイムベストに名前を刻んでいるこの>>続きを読む

プライベート・ライフ(2018年製作の映画)

4.1

 【2018年】本作の監督タマラ・ジェンキンスは、私的にアレクサンダー・ペイン、ノア・バームバックと同じ「脳内フォルダ」に入れて管理していた作家でしたが、アレクサンダー・ペイン監督がマッド・デイモンを>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.6

 https://youtu.be/C7UeezCNnbw
 この世には二種類の映画がある。一つは大泉洋が出ている映画と、もう一つは大泉洋が出ていない映画。そしてその大泉洋が出ている映画『こんな夜更け
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.5

https://youtu.be/-KNZYyVmuiY
 「音を出したら、即死」(『クワイエット・プレイス』)の次は、「目を開けたら、最期」。縛りプレイありきの「黙示録後」映画が流行っている昨今で、
>>続きを読む

>|