みやり

なぜ君は絶望と闘えたのかのみやりのレビュー・感想・評価

なぜ君は絶望と闘えたのか(2010年製作のドラマ)
4.0
このドラマの存在は知っていたけど、あまりに凄惨な事件だし当時「ドラえもんがなんとかしてくれると思った」とか復活の儀式とか死刑反対派の弁護士によるトンデモ弁護とかかなり胸糞悪かったので避けていたけど、見てみた。

この事件では、少年の実名報道や遺影の傍聴席への持ち込み、死刑の判断など社会へ与えた影響がいろいろとあったんだなということが分かった。

大変な思いで長年闘ってこられたんだなと感服した。再婚されたようですが、幸せになっていただきたい。