snowwhite

カラオケ行こ!のsnowwhiteのレビュー・感想・評価

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)
4.1
合唱部部長の岡聡実はヤクザの成田狂児に突然歌のレッスンを頼まれカラオケに行く話。違和感ありありのこの設定、脚本が野木亜紀子じゃなかったら観に行かなかったと思う。行って良かった!面白かった!!

綾野剛はいつもの安定した演技で文句無し。でも私が推したいのは子役の齋藤潤くん。役と同じ中学3年でこの役を演じたという。凄く上手くてビックリしました。特に最後の熱唱。声変わり期の少年の感じが凄くよく出てました。とにかくいい味出してます。今後が楽しみな役者さん。



(ネタバレあります。)
中学3年、合唱部部長の岡聡実はヤクザの成田狂児から歌を教えて欲しいと頼まれる。最下位になったら組長から刺青を彫られるので助けて欲しいと。聡実は拒否して帰ろうとするが狂児はしつこい。粘られて仕方なくカラオケに。狂児の勝負曲は X JAPAN の「紅」。紅だぁぁぁぁぁー!と叫び裏声で歌う。指導してくれと言われるが聡実は素っ気ない。裏声が気持ち悪い。音域に合う歌をうたうべきだと容赦ない指導(? 笑)をする。

時々場面が切り替わって中学のコーラス部のシーンになるが一度も齋藤潤くんの歌っている声は聞こえない。みんなでコーラスをしているシーンはあるし齋藤君も歌っているのだけど彼の声がどんな声なのかは分からないように撮影されていた。観てる最中彼の声が分からないので一体どんな声で歌うのだろうとすごく気になった。これが後ですごく効いてくることになるのだが…。その話はまた後で。

ある日綾野剛ヤクザと待ち合わせて何時ものようにカラオケ屋に行くとそこには沢山のヤクザが。齋藤君ビビる。が、ヤクザたちも指導して欲しいという。しょうがないので齋藤君何時ものように指導する。情け容赦ない辛口コメントのオンパレード。面白かった。笑

コーラス部の後輩は尊敬する部長(齋藤君)が最近部の練習をサボりがちなのが面白くない。こんなことでは来年も優勝できないと部長を責めたり皆を責めたり。彼は知らないのだ。部長が声変わりを迎えてもう以前の様にボーイソプラノで歌えなくて悩んでいることを。

コーラス部の練習を休んでカラオケ屋に行っていたのはそういう事情もあったのだ。

ある日齋藤くんはコーラス部に行く途中綾野剛ヤクザらしき人が救急車で運ばれていくところを見かける。コーラス部に着いても気になって気になって…。安否確認の為思いきってヤクザの溜まり場のバーを訪ねる。中に入ると当然ながらヤクザばかり。初めて会うヤクザの親分も。齋藤君ビビる。

ヤクザ達は親分を囲み呑気にカラオケ大会をしている。

ビビりながらも齋藤君は綾野剛ヤクザがどうなったのか聞く。親分が「あいつか? あいつは天国に行ったよ。いや地獄やな。わっはっは。」ヤクザ達も一緒に大笑い。

齋藤君ムッと怒って「あんた達は屑や!仲間が死んだというのに何も感じないのか!馬鹿みたいに大騒ぎして腐ってるよ。やっぱり屑やー!。」齋藤君怒りのあまり、相手が恐い恐いヤクザさんだと忘れています。怒鳴りまくりました。

言い終えて帰ろうとする齋藤君に親分が「こらあ。ちょっと待てやー!」この時の北村一輝親分が怖い!すごくドスが効いた声で齋藤君だけでなく私も震え上がりました。

「言うだけ言って帰るつもりかあ。弔いやー!一曲歌って行けやあ!」もう親分めっちゃ怖いです。縮み上がりました。

マイクを持たされた齋藤君、『紅』を選曲します。綾野ヤクザが何時も歌っていた『紅』。

🎵紅だああああああああああ~🎶

ここで映画が始まってから初めて齋藤君の歌声を聴くことが出来ます。今まで一度も齋藤君の歌う声が聴けなかったのがここで効いてきます。野木亜紀子さんの脚本、流石です。

綾野ヤクザに対する思いと声変わりの中3生の声を実に上手く歌い上げます。齋藤潤くんという役者さんがあまりに上手くて感動してしまいました。良かったなあ、このシーン。何度でも観たいです。

映画冒頭で色々な感じで何度も🎵紅だああああああああああーと歌う綾野剛さんも素晴らしかったんだけど、最後に一度だけ歌う齋藤潤くんにやられました。すごかったです。まだ15才というのに何て演技力なんでしょう!本当に変声期の少年がそこにいるかのようでした。これから注目していきたい俳優さん見つけました。


追記
後で調べたインタビューで齋藤君は齋藤君が歌うシーンのことを、「このシーンがこの映画の肝だなと思って頑張りました。」と言ってました。そして監督さんは「(もうOKを出しているのに)齋藤君が何度もやり直させてくれと言って何度も取り直しました。」と。やっぱり齋藤君凄いです。
snowwhite

snowwhite