y

男と女のyのレビュー・感想・評価

男と女(1966年製作の映画)
2.0
なぜ、パルムドール?
シャバダバダ。

「男」はその後もハネケ監督のアムール、ハッピーエンドで好演していますね。
「女」の人、ホステスのように性を出して下品だと思った。顔も好きじゃ無い。ユダヤ系かなと思ったらそうだった。
監督も

このおかげで、愛と哀しみのボレロ(ジョルジュドン)に繋がったので
カンヌありがとう様々。