ピープー

サボテンの花のピープーのレビュー・感想・評価

サボテンの花(1969年製作の映画)
3.3
スクリューボールコメディ、アンチからひっくり返すラブコメの教科書的作品。

G・ホーンの瑞々しさ、E・バーグマンの気品にぴったりのキャラクターだが、主役たるモテ男が加齢臭漂うただのオッサンだったので、説得力というか感情移入が減った。