Max

ギルバート・グレイプのMaxのレビュー・感想・評価

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)
4.3
いい話だった...
家族の形ってそれぞれ違う。でも家族の形に正解などないし、笑い者にされるのはおかしい。

知的障害の弟アーニーと過食症の母親を持つギルバート。
家計を支えるために働きながら、アーニーの身の回りの世話をしなければならない。

まずはアーニーとの関係。
とにかく扱いが難しい。
時に言うことを聞かない。
それでも責められるのはギルバート。

そして母親との関係。
父親を亡くしたショックで過食症となり、外に出られなくなる。
それでもアーニーを溺愛するあまり、ギルバートを責めてしまう。
そして、母親は周囲から笑い者にされていることを恐れている。

ギルバートの立ち位置は本当に大変だと思う。
普通の若者の暮らしを送れない。
自分よりも他人を優先しなければならない。

そんな中でのベッキーとの出逢い。
彼女との出逢いがギルバートを変える。

自分ならノイローゼになるかも。
大変にもほどがある。

でもラストが良い。
結局家族は誰よりも大切。

そしてディカプリオの演技が素晴らしかった。