しずく

悪い男のしずくのレビュー・感想・評価

悪い男(2001年製作の映画)
4.3
ヤクザに一目惚れされた女子大生の運命を描いた、私が初めてキム・ギドク監督を知った映画。愛する想いを暴力的にしか表現できない不器用な男。女子大生の彼女を愛しすぎた結果、自分の世界に引っ張り込むという荒技炸裂。その所有欲はすさまじい…。『誠心誠意、君を傷つけ、そして愛す』これを"純愛"というのか賛否両論でしょうが、"極限の愛"なのかもしれません。うーん、分からない…感情がぐちゃぐちゃにされます。自分だったら絶対イヤ!平凡な愛に生きていきたいです。(2005年鑑賞@DVD)