悪い男の作品情報・感想・評価

「悪い男」に投稿された感想・評価

櫻

櫻の感想・評価

-
これが純愛ならば、世のほとんどが純粋であることになってしまう。もう私は何が純であるのかすら分からなくなってしまった。もしかしたら純愛は清らかで穏やかなものではなく、暴力的でエゴイスティックなのかもしれない。

マジックミラー越しの歪んだ彼の眼差しは、熱情を孕みながらもあくまで神聖なものとして彼女を見つめている。愛や温もりを遠ざけて生きてきた彼には、優しさが分からなくて、きっとこうするしかなかったのだ。平穏を奪われ、憎悪と混沌を突きつけられた彼女は、怯えながら涙と体液でその身を汚す。どんどん堕ちていくにつれて、憎悪が愛憎に変化していく。人に対して向けられる最も強い感情に、愛が混じる。

マジックミラー、顔の部分だけ切り抜かれた二枚の写真。どれも間接的に対象を捉える媒体だ。彼の後ろめたさが吐露されるあのシーンの哀しい暗さには、やるせなさすら感じさせる。一枚隔てなければ近づけない彼女の清らかさには、屈強さは通用しない。彼の不在が彼女を狂わせた時、はじめて静かな愛らしきものが芽生え始める。言葉なく手を握り、隣に座って寄り添い合う。その姿がどうしようもなく美しく映ったので、それまでわたしが感じていた違和感が消失した。海に消えたのはきっと彼女の過去、未来へはふたり一緒に非道に進む。もう何だっていい、これがふたりにとっての正解なんだ。
uedachiaki

uedachiakiの感想・評価

3.4
死刑を免れて帰って来たとき、マジックミラーの存在に気づいた女がミラーを割るシーンでジーンときた。ハンギがやったことはぶっちゃけ全然理解はできないんだけど、初めから恋に堕ちてしまったんだと気がついて、どうしようもないなと思った。
最近恋ならどうしようもないねって言うのが私の口癖で、そんな非道徳的なのでいいのか心配になった。でも、映画くらいいいよね。
ハンギのセリフがずっとなくて、やっと声を聞いたと思ったらめっちゃ高くて〝ヤグザもんが愛だの何だの言えない〟とか何とか言ってて、グッときた。ラストの海を見ながら二人でタバコを吸うシーンは好き。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.5
かなり歪んでます

ちょんの間ラブストーリー

兄貴は終始喋りません 笑
バッファロー66然り、ぼくは我儘な男主人公モノが苦手らしいです。
anunsaram

anunsaramの感想・評価

2.7
タイトルとビジュアル的にもっとエログロ感強いと思ったけど意外と易しくてちょっと肩すかし
mamirock

mamirockの感想・評価

4.3
純愛とか恋には多分に暴力性が含まれていると思っているので、それをよくぞここまで具現化してくれた、と気持ちよかった。
sachi21

sachi21の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

一言でいえば歪んだ純愛映画?

ハンギのセリフが1シーンのみ。それ以外はセリフなしの演技なのにものすごい存在感

ソナは清楚そうな女の子だけど、唾吐きつけたり、売り物の本の1ページ破って鞄にいれたり、落ちてる財布の中身抜き取ったり、マナーがわるい。わたしはそこでソナへの感情移入に障壁があった。よってソナの気持ちの変遷は若干よくわかんなかった。

一方、ソナを社会の内からむりやり外に引きずり出して自分のテリトリーにおき、客と寝る姿をマジックミラー越しにながめるハンギのそれは相当歪んだ純愛。変態?
でもそこがなんだか芸術感さえ漂わせる不思議な映画だった。
『悪い女』と続けて鑑賞。
どちらも文句なしにおもしろい。
映画の感想に「共感」を要素として含める方も多いみたいですが、この監督の作品って、その点をつくづく疑問に感じさせるなと思った。
たとえばギドク監督、特典のコメンタリーで「男性なら一度は好きな女性を力づくでどうこうしたいと思う生き物だ」みたいなことを言っている。
自分はまったく共感出来ず、は?この人何言ってんの?という印象でしたが、まぁ監督は監督、作品は作品なのかなと。結局、映画自体がおもしろいか否かでいいんだと思う。
そう思わせてくれる監督です。
Yummy

Yummyの感想・評価

-
無口なヤクザの声の高さよ(笑)

あとなんとも切ないストーリー運び。。

このレビューはネタバレを含みます

主役の男も女も変態でした。最後、車で出張て。
実はあの写真は未来の2人でしたって、お伽話な展開にのれない。
ってか、あんだけ刺されて、主人公の男、病院行けや。
一番ナイのは、主人公の女が本屋で本ビリビリして、トイレで金を財布から抜くシーン。いやいや、ただのクズやがな。女は、あくまでも正義で、それを嵌めて落とし入れる展開にしないと。もったいない。
>|