かな

ロスト・イン・トランスレーションのかなのレビュー・感想・評価

4.0
9月の週末に父と東京に行きました。東京は地方に住む私にとって異国のような場所でした。地下鉄が発達し、人がたくさん行き交い、どこかせわしない。
ホテルの窓から見える見慣れないビル群をぼんやりと眺めて眠りにつきました。
ソフィアコッポラの描く東京。
ネオンサインが眩しくて、多くの人が行き交う。
頭一つ大きなハリウッドスターはCM撮影のためにこの大都会を訪れる。彼の目に映る東京が描かれる。東京で彼の出会う女性を演じるスカーレットヨハンソンの美しさ。レッドカーペットの煌びやかなドレスに身をつつんだ彼女ももちろん美しいのですが、ナチュラルな自然体の彼女もまたとても美しかったです。
ハリウッドスターのボブから見た日本を見るのはとても奇妙な感じがしました。そこには日常があるのに非日常のような感じがしました。
Cheersと言った後に乾杯と日本語でつぶやくボブが印象的でした。
ゲームセンター、カラオケボックス、日本人には見慣れた光景ですが、外国の人たちにはめずらしく映るんだなと思いました。
窓辺に座って東京の街を眺めるスカーレットヨハンソンの美しさ。ピンクのボブのウィッグをかぶってカラオケで歌う彼女もとてもキュートでした。
言葉のうまく通じない東京という街をさまよう2人のアンニュイで刺激的な東京での時間は日本人の私が見てもわくわくしましたし、2人の会話にしみじみとしました。