ロスト・イン・トランスレーションの作品情報・感想・評価・動画配信

ロスト・イン・トランスレーション2003年製作の映画)

Lost in Translation

上映日:2004年04月17日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.6

「ロスト・イン・トランスレーション」に投稿された感想・評価

YusukeK

YusukeKの感想・評価

3.5
それまでのハリウッド映画でありがちだった「西洋人が観たい、いかにもな偏ったニッポン像」ではない実際の日本を描こうとしていて、その上で「やっぱり日本って変わってるよね」という描写が随所にあり、きっと西洋人はこれを観た後に「オレは本当の日本を知ってるんだぜ」って言いたくなるんだろうなという感じ。
異文化圏で冒険はしたい、でも開発途上国に行く勇気はない、そんな西洋人にとって孤独を味わって自分を見つめ直すのに日本はちょうど良いのかもな。
マ帆

マ帆の感想・評価

4.4
良い...めちゃくちゃ良かった.....

海外に来たのに退屈なまま日が過ぎていくのってどんな感覚だろう。友達との電話で「偶然入ったお寺で聞いた僧侶の歌に何も感じなかった」と涙を流しながら話すシャーロットからは焦燥感や陰鬱な気持ちが伝わってきた。でも彼女が東京に来てから1番感じていたのは孤独感だったように思う。

似た気持ちを抱えたまま出会った2人の間に生まれてく言葉にし難い関係性に感情を揺さぶられた。徒歩やタクシー、新幹線で2人が回る東京は知らない街に見えてくるほどのかっこよさで、ただただため息。

そしてとどめを刺されたラスト。
あれはビル・マーレイのアドリブでそのセリフはスカヨハと監督しか知らないというのは有名な話だけど、実際に観るとあまりにも良い。知らないままで良かった。それを受けて流したスカヨハの涙も演技ではないんだと気付くともっと泣く。

ビル・マーレイってすげんだなと思いました。見慣れた風景の中だからこそその馴染み様に一層驚かされる。そしてそれまでの虚無感な表情が効くラスト。
ジムのマシンの止め方分かんなくなっちゃって1人でトムジェリやっとるシーンは声出して笑った。会話が面白いってやっぱり大事だなとも思いました。人生の三分の一は寝てるからその分引けるって考え方すごい良い 私いま14歳だ。。。

夜中に部屋の窓全開にして観たの込みで最高でした感想
m

mの感想・評価

3.8
上がる事も、下がる事もなく
ただボーッと観れる

お互いの立場、状況、環境、感情
このタイミングだからこその関係が
すごくロマンチックだった
momoco

momocoの感想・評価

4.7
少し儚さと気だるさのあるオフビートな感じがいい。
短い期間でいいから、ホテルの一室で一人ぼんやり街を眺めたりして暮らしたいな。
これを見ると一人で旅行したくなる。
最後にかかる細野さんの曲がいい。
Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ユーモアとほのかなペーソスのバランスを効果的に取っており、ソフィア・コッポラはビル・マーレイとスカーレット・ヨハンソンの両方にとってのショーケースとなる感動的でメランコリックな物語を作り上げている。」

このレビューが完璧すぎて手も足も出ません。

スカヨハファンなら絶対に観た方が良い。
あとBGMが大体良い。

トーキョーを舞台にしてくれてどうもありがとうと言いたい。


大好きなダイアモンド☆ユカイと藤井隆が出てて本当嬉しい。てか全然関係ないけど藤井隆って高度なフワちゃんって感じがするな。
EE

EEの感想・評価

2.8
旅先での孤独感とか、人生に疲れた感がいい感じに出ていたけどちょっと退屈な映画だった。
楽しんでる夜のところはちょっとほっこりした。
映画っぽさがなくて、現実感がすごい。
私は、この映画に映る日本は退屈だなぁと感じたけど、風景が美しいって言ってる人もいて、感じ方ってこんなにも違うのかと思った。
(夜景のシーンは綺麗と思ったけど)
異国で孤独を感じた時に観たらもっとグッとくるかも。
wako

wakoの感想・評価

3.8
人と出会うと、街との距離が変わる、色が生まれる、いいなあ、海外にひとり旅また出かけたいな。エンディングに細野晴臣。
miu

miuの感想・評価

-
カラオケの風をあつめてをBGMにピンクのウィッグの彼女が肩に頭を乗せるシーンが好き、東京ってやっぱり煩雑で美しいな
見たことのある景色が新鮮に映った
何かあるようで何も無いように思えるけど、どの街にもきっと出会いはあると思うと悪くない
知らない街で違う文化に触れて、一緒にいると少し開放的になれるひとときが儚くて、ロマンチックで。
自分自身や望みが分かれば、余計なことに振り回されずに済むのだろうか。何がやりたいとか生きる意味とか、尊大で絶望的なんだろうか。誰かと生きること、自分と生きること、見つめ直すきっかけをくれるのはここじゃないどこかなのかもしれない。
序盤の空虚な空の水色から夕暮れの濃さの増した空へと最後は変わっていた。
さよならだけが人生だなんて誰かが言ってた、勧酒の井伏鱒二の訳がぴったりな映画。
講義で見たけど心地良すぎて寝てしまったから、ちゃんと見られて良かった。マシュー南も出てきて嬉しかった〜
Train

Trainの感想・評価

5.0
オールタイム・ベストの一つ。
「見慣れてるはずの景色がこんなにも違って見えるとは。」というのが初見の感想だった。新海誠もそうだけどこういう手腕はもっと評価されるべきだろう。はっぴぃえんどの『風をあつめて』が主題歌の一つになってるけど、ソフィア・コッポラに教えたの誰なんだよってぐらいに親和性が高すぎる。てかBlu-rayいつ出すんだよ。
s

sの感想・評価

3.8
ちょっとした違和感はあるけど、時間の流れ方、雰囲気、音楽がすごい好き
>|