ロスト・イン・トランスレーションの作品情報・感想・評価

ロスト・イン・トランスレーション2003年製作の映画)

Lost in Translation

上映日:2004年04月17日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.6

「ロスト・イン・トランスレーション」に投稿された感想・評価

とにかく くすくす笑えて仕方ない映画。

これが日本の東京じゃなくて他の国の都市ならどうなってたかなって思うと、やっぱりこうはならなかった気がする。
便利で無機質なシステム、礼儀正しい外面の良い人たち、外国人との距離感、美しい文化的なものたち。全部TOKYO的なものだ。
彼らが取り残された感覚になるのも分かる。

この映画がバーとかカフェで流れてたら100%常連になるわ。後ろで静かに流れててほしい。。
朝の情報番組とかで、「ジップ!」とか意味もわからずやらされてる外国人セレブ。彼らが全然楽しそうな顔してないので「日本が大好きさ!」とか言っても「本当かよ!?」って思ってしまうのだが、この映画を見てそれでも彼らが日本にハマるワケが分かった気がする。
欧米人にとっての日本の良さは多分完全に異邦人になれることなのではないかな。日本の都市の無機質な感じが、彼らの目にはすごく新鮮に映るんだと思う。そんな日本の無機質さが表現されている気がした。
素敵な映画です。
説明したくないくらい素敵です。
いい時代でしたね、この頃。
この作品でスカーレットヨハンソンが気になって注目しがちになった
ビルマーレイも好きだから、東京を舞台にしてるのも凄く新鮮だった
372

372の感想・評価

5.0
my favorite.
人生の中でも大事にしてる映画です。
音楽と映像、まさに2000年代初期のノスタルジックさがたまりません。
何度でも見たくなります。
風をあつめてが最高です。
きえ

きえの感想・評価

3.1
異邦人からみると機械的て窮屈で意味わかんない日本
なんかわかんないけど寂しい日本

監督の演技指導はほぼなく衣装もほぼ私服だそう。その(いい意味での)乱雑さがトーキョーとマッチしてきれいに作品になったのか。
ボブの迷彩のTシャツもまさか……?

目まぐるしく変わる車窓の景色からふと向かいの電車のひとと目が合う瞬間くらい刹那的でしたドラマチック
うすいピンクが印象的
終わりがけの主人公大人びたね
movie

movieの感想・評価

3.6
ソフィア・コッポラ監督の、
映像の撮り方がほんとにすき!
ストーリーよりも、映像美
SY

SYの感想・評価

3.5
留学前だったらなんじゃこりゃって感じだったと思うけど、異国(しかも文化が180°違う国)で感じる心の片隅に常にある孤独感とか寂しさちょっとわかる気がした。

ちょっと歪んだトーキョーの切り取られ方が多々あったのは否めないけど。
Hisako

Hisakoの感想・評価

3.5
全体を通してほんのりと青い色の雰囲気が漂っている映像。東京に住む私たちがどこか心の奥で感じている寂しさや空虚感が絶妙に表現されていた。
こんなにキレイな東京の街を見たのは初めてだった。
最近勝手に失恋した相手がサイコキャンディーのTシャツを着ていたのでラストで爆泣いてしまった。次首都高走るときはサイコキャンディー爆音でかけます。
>|