ロスト・イン・トランスレーションの作品情報・感想・評価

ロスト・イン・トランスレーション2003年製作の映画)

Lost in Translation

上映日:2004年04月17日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.6

「ロスト・イン・トランスレーション」に投稿された感想・評価

mmm

mmmの感想・評価

3.8
前から気になっててやっと見た。
とてもゆったりした映画だった。

日本てこんな感じなのね(笑)
出演者にちょい役で接する日本人役の日本人がほぼカタコトですら英語を頑なに話さないのに不親切さというか伝える意思の無さを感じたけど外人さんから見た日本人てまじで英語話せない人種なんだろうな。

"moshimoshi"可愛かった。

特に直接的な表現はないのに絶対そうなのがなんか良い。
ちょっと大人でちょっと切なかった。
とろろ

とろろの感想・評価

3.8
日本にいると気づけない日本の良さ
年齢が全く違う2人の関係
ボブの可愛いさ
別れのシーン

特筆して何かが起こるわけではないが、2人の兼ね合いが中々に良き!
k

kの感想・評価

3.5
スローな空気感、淡々と進んでいく日常を切り取ったような写し方、演出のオシャレさは、この監督の別作品Somewhereと通ずる部分があった。

良くも悪くも海外から見た日本の世界観も新鮮であった。

恋愛相手と理解者は必ずしも一致するわけでは無い。
互いに惹かれ合い、一番気持ち良い距離の時期のあの空気感の表現が上手かった。

両者好意があり、深入りしすぎない所で会うのをやめる。この時に残る余韻。あの経験が人生においてある人はどこか切ない感情をリマインドさせるはず。
処女作『ヴァージン・スーサイズ』の後に撮った監督第2作となるこの『ロスト・イン・トランスレーション』までは、ソフィア・コッポラにとってはまだ語るべき何かがあったように思います。たとえそれが本作に描かれるような、ある種の空虚さであったとしても。

おそらく彼女の作品のほとんどは(優れた表現者の多くがそうであるように)その身体感覚をまっすぐに伸ばした先に描かれており、『ヴァージン・スーサイズ』は10代の頃のものを、そして『ロスト・イン・トランスレーション』では20代の頃の感覚を映像の質感としてよく表しているように感じます。

当時の東京や京都など日本の雑多な風俗や風景のなかで、1人の中年アメリカ人男性と1人の若いアメリカ人女性とが出会う。

お互いがお互いにそれぞれの座標を見失った状態のなかで、異邦人として異国の地で邂逅(かいこう)する姿は、例えば『シェルタリング・スカイ』(ベルナルド・ベルトルッチ監督, 1990年)や『バベル』(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督, 2006年)などでも描かれるものですが、黒船によって文明の脅威を知り、明治維新から太平洋戦争敗戦までの流れをもつ日本人である僕にとっては、かなり鼻白む内容ですし軽い嫌悪感さえ覚えます。

彼女が日本に住んでいたことのある体験から生まれた作品とのことですが、それは「彼女にとって」大切なことなのであり、日本が大切なわけでないことは映画を観ればよく分かります。またそれこそが、若い年齢を生きるということでもある。しかしながら外連味(けれんみ)なく、自身のそうした身体感覚から生み出された作品の質感には、好き嫌いを超えた説得力が宿っているように感じます。

不思議なもので本作は『ドライヴ』(ライアン・ゴズリング主演, 2011年)と同様に、何故か僕は3回レンタルして観た作品になります。繰り返し観たかったわけでは決してなく、いずれも観たことをすっかり忘れていたというかなり珍しいケースでした。

何故だろう?と振り返ってみたときに、『ロスト・イン・トランスレーション』は女性性の何かしら中心にあるものを、そして『ドライブ』は男性性の何かしら中心にあるものを、それぞれ核心に宿しているような気がします。それが僕の記憶のなかの盲点に入り込むことになった。

確かに目には映っている。けれど記憶にフックをかけることなくすべり落ちた作品に、ある種の共通点があることをたいへん面白く思います。それは性の空白地帯のようなものかもしれない。
kzy

kzyの感想・評価

2.8
長い人生においてはほんの一瞬だけの淡い恋情。
燃え上がるようなエモーションはない。友情でもなければ、恋とも愛とも言えないのかもしれない。身体の関係でもない。それでも、こうした定義できない関係とか経験って人生を振り返った時に大事で「いい思い出」になるもんだと思う。
多かれ少なかれ、程度の差こそあれ、一瞬のときめき(ロマンスとは言えないレベルの)ってみんなあると思うんだよな。

作劇も淡々としている。全体的にミュージックビデオ感がある。
ビル・マーレイを取り巻く、各所のぎこちなさはリアリティがある。訪日外国人にとっての"あるある"がたくさんあるのだろうなと思った。非日本語話者のほうが楽しめるのかも。
こういうスローな映画大好き、最高。
2人の関係めっちゃいいな、別れるときめちゃくちゃ切なかっただろうなぁ。
AJ

AJの感想・評価

4.1
ストーリーというよりとにかくおしゃれで雰囲気がカッコ良くて好き
ラストシーンがいろんな想像ができて素敵です
Hisaaki

Hisaakiの感想・評価

5.0
オールタイムベスト

この時代の東京、どの時間帯の街の雰囲気も素晴らしいと思う
また、賑やかな東京の街とは逆に、ビル・マーレイとスカヨハの静かな世界が美しい
T太郎

T太郎の感想・評価

2.8
305
東京を舞台にビル・マーレー扮するアメリカのスターとスカーレット・ヨハンソン扮する若い女性の邂逅とふれあいを描いた静かな物語。

うん、静かだった。
lilytm

lilytmの感想・評価

-
見なきゃいけなくて見たけどやっぱり素敵PV映画/機微を揺らぎとして描くだけの映画は私に合わんのよ…
>|

あなたにおすすめの記事