桔梗F

ムンクの叫びの桔梗Fのレビュー・感想・評価

ムンクの叫び(2012年製作の映画)
3.6
アパレル企業の社長の息子として生まれるも、ムンクの絵画「叫び」に描かれている人物のような姿だったために、幼いころからいじめられ、母や弟からも疎まれるかずお…

ほとんどレンタルされることもなく消えたと思われるため、記憶にとどめて置く程度で(^-^;

自分は好きですが、あまりにへっぽこ異色作ゆえ、万人にお勧めしかねます…

まず土台は日本版『オペラ座の怪人』『ノートルダムのせむし男』。

どちらかというとノートルダム寄り。
主人公の服装はオペラ座っぽく、友達にせむし男が出てくるという( ; ゜Д゜)

主人公は不気味な容姿のせいで学校では陰湿ないじめを受け、両親、弟からも虐待され、お手伝いさんからも蔑まされるという極悪展開(゜ロ゜)
これはきつい!切ない!

不愉快指数は『ファニーゲーム』『ビー・デビル』『家なき子』(安達祐実版)クラス!

ただし、超低予算のため演出が安っぽい。
しかも、あまりにエグい意地悪なので観る人によってはギャグになる危険性も!
ドン引きレベルの仕打ちががが…(。´Д⊂)

主人公は当然鬱症状になり、引きこもりになりますが、彼にはデザイナーとしての驚異的な才能があった!

そして、中学時代から密かに思いを寄せていたヒロインとの再開(>_<)
ヒロインに思いは通じるのか!?

ネタバレになるんで詳しく書けませんが、土台2作がハッピーエンドで終わったか?と考えれば…

とにかく展開が極悪(ギャグ?)で、最終的にはアウトレイジ状態になるので、もうね…

ぶっ飛び展開が肌に合えばけっこう面白い…かも(^-^;

葉山監督はアニメの脚本家として有名なんですが、わたしは以前監督が撮ったPOVカルト治験ホラー『サル』がけっこう好き(*^^*)

予算はないし、グロはないし、ぶち切れた主人公も『キャリー』のような復讐もせず、ただただ不愉快で切ない(;_;)

超低予算異色ドラマですが、こういうのやはり好きですわ(^o^)

しかし、ヒロインの亜矢乃は『ナチュラルウーマン2010』以降、いやらしい目でしか見れなくなった(>_<)
スタイルいいなあ(*/ω\*)

人様へのお勧め度は…2点くらいですかね(;´_ゝ`)