キャサリン子

鍵泥棒のメソッドのキャサリン子のレビュー・感想・評価

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)
4.0
売れない役者・桜井と、伝説の殺し屋・コンドウ。
2人の男が入れ替わって巻き起こる喜劇を描く、爽快感あふれるエンターテインメント。
キャッチコピーは「二人の人生が入れ替わり、喜劇が幕を開ける!」。

めちゃくちゃ面白かった!
よくある入れ替わりものかと思ったんですが、これはほんとシナリオがよくできています。

凝った設定と、全く先の読めないトリッキーな展開。
起こることは全て、予想だにしない方向に進んでいきます。
「この先どーなっちゃうの💦!?」っていう緊張感と、クスッと笑える部分とのバランスが絶妙。
かつ、ホロッとさせられる場面もあり。
ハラハラしたり笑ったり泣かされたり、そうこうしてるうちにエンディングまでいっちゃいました(笑)

出演者は、堺雅人、香川照之、広末涼子と、実力派揃いの演技力合戦。
キャスティングにいたっては文句のつけようがありません。

気楽にハラハラドキドキしたい人には特にオススメ。
騙されたと思って、ぜひ多くの人に観ていただきたいです。