和田はる菜

ファンタスティック Mr.FOXの和田はる菜のレビュー・感想・評価

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)
4.2
擬人化された狐が主人公と聞けば、コミカルで可愛らしい人形アニメ、子どもの為の映画!という印象を受けますが、可愛さの中には、子どもには難解な切なさがありました。
ただ、ある問題が解決してハッピー!ってだけな物語じゃ無くて、お父さん狐(フォクシー)に認めてもらいたいけど、足手まとい扱いされる子狐(アッシュ)の締め付けられるような思いに胸が痛くなったり(←ここが遠回りで伝わりにくいでもそれが良い可愛い)、はちゃめちゃな夫を見守るフェリシティーの
瞳の奥の悲しみとか、他にもいっぱいの切なさがあった。

ウェスアンダーソンはシャイなのかな?加速するように物語が進んで、たくさんの深い意味があるのに、さらっと通り過ぎてしまう。ブダペストホテルやムーンライズ・キングダムもそうだが、展開が早い。でもそれが、万人を飽きさせないウェス節なんだなぁ〜。

私の中で、かわいさとクールを兼ね揃えた動物のNo. 1は、なんといっても狐だと思う!狐大好きです!