reo

シャッター アイランドのreoのレビュー・感想・評価

シャッター アイランド(2009年製作の映画)
3.8
観ているのは、幻覚か妄想なのか分からずに進んでいくが、終盤になるにつれて段々と理解出来てくる。

終盤のシーンに真実が告げられる時は、呆気にとられた。
ラストシーンでの、テディの一言が残酷かつ彼の真面目で聡明で在りたい事を表していると思う。
reo

reo