シン映画マン

パプリカのシン映画マンのレビュー・感想・評価

パプリカ(2006年製作の映画)
4.0
お前は何を言っているんだ
というコメントしか出ない....

精神医療機器DCミニが奪われ...というストーリー。


見直してもやっぱりインセプションの元ネタだと確信出来る場面満載。廊下でのアレというか警部の友人のアレはインセプションが露骨にオマージュしておりましたな。

まず今敏作品だし夢という題材な時点でもう普通のアニメ映画ではないしな。セリフにしても「定規の間奏」だったり...マジで何言ってんだ??

まぁストーリーはさて置くとして、思わず目を張るのは作画。オール手書きでありCG無し。普通のアニメクリエイターなら絶対に無理でしょ。けど今敏だから。彼だからこそ出来た映画でしたね。この意味不明ながら作り込みぶりが込んでる点はノーランであっても到底勝てませんよ。

まぁでもストーリーすら意味不明なので点数はこの通りにしておきたいと思います。007ロシアより愛を込めてへのオマージュもあったりで割りかし楽しめるのは間違いない。

それにしても林原めぐみの声は耳の保養になりますね(キモい)