パプリカの作品情報・感想・評価・動画配信

パプリカ2006年製作の映画)

上映日:2006年11月25日

製作国:

上映時間:90分

3.8

あらすじ

「パプリカ」に投稿された感想・評価

ポカリ

ポカリの感想・評価

2.5
「夢が犯されていく」っていう設定は面白かったのだが、キャラデザやストーリー展開がイマイチでのめり込めず。ラブコメ展開をあえて描く必要あった?一切キュンとしないラブコメのせいで一気に萎えたぞ…?
tomo

tomoの感想・評価

-
面白かった
サスペンスな感じも好き
刑事さんの夢での過去決着のシーン良き
雪だる

雪だるの感想・評価

4.0
インセプションに影響与えたと言うのでお勉強がてら。
主軸はわかりやすいものの、混沌としているものも混在してきてかなりニッチな仕上がりに。
yumeko

yumekoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった
所長が普通に話すトーンでわけわかんない事話し始めるシーンのインパクトがすごい

「必ずしも泥棒が悪いとはお地蔵さんも言わなかった(真剣)」 ってセリフあたりの、ちょっとずつおかしくなってきてる感がなんか現実味あってぞくぞくした
素人

素人の感想・評価

3.0
◎ 今敏監督が織り成す独特な世界観・演出に三半規管が乱れる90分。この映画そのものが風邪ひいて熱がでたときに見る変な夢みたいなもんですよ。
〇 サイケデリックなOPは必見。
〇 パプリカと敦子を演じ分ける林原御大のお声にゾクゾクが止まりません。
〇 「DCミニ」を巡るサスペンスや、刑事の抱えたトラウマが交差する中で、”現実/虚像”はどちらが”真(まこと)/同一なのか”を問いただすテーマが描かれます。
◎ 2006年製作とひと昔前のアニメである本作。それにしても懐かしい質感のアニメーションに、ノスタルジックな舞台・アイテムの数々です。登場人物の室内や、過去の経験/記憶が元となる夢に散りばめられたアイテムたち1つ1つに含みがあるのではないかと考察したくなります。
※ 後半の巨人バトルぐらいから話には追い付けてませんでした笑
さね

さねの感想・評価

4.0
夢か現か
内容が十分に理解できんまま、あれよあれよと話が進んでいったけど
パプリカのかわいさと絵画のような映像の美しさで目が離せない作品だった

深層心理が隠れていると言われる夢の中、色々な登場人物の"夢"が描かれているけど何よりも我々に素敵な夢を見せてくれた監督に感謝
れいか

れいかの感想・評価

4.2
賛否分かれること理解しつつ、私的大ヒット。面白かった〜〜〜〜〜また見たい。
いい意味で怖くて気持ち悪くて気持ち良かった。すごく好き
kayako

kayakoの感想・評価

-
難しかった〜
スピード感あるから、
観てるのはなんだか楽しいんだけど、
頭が追いつかない笑
雰囲気は良かったけど内容がよくわからなかったです...そういえば、デブが私によく似てました。少しloveがありました。今日も一日ありがとうございました。
ゆず

ゆずの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ほんとに15年前の映画…?!!と思うくらい作り込まれてた…これは夢なのか現実なのか、わからないところも多かったけど楽しめた!遊園地、人形のシーンは特に怖かったけど…
仮想現実、という点ではこの映画がファンタジーとは思えない時代になってきてる気がして怖くなった
>|