Tallow

バニラ・スカイのTallowのレビュー・感想・評価

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)
4.0
私にとって、10年ほど前まで「映画」は余暇の楽しみ方の一つでした。
この作品のオリジナルである「オープン・ユア・アイズ」は自分の映画の見方を劇的に変えてくれた作品で、映画を趣味と言えるようになったきっかけになった作品でした。
そんな思い入れのある作品のアメリカリメイク。オリジナルを見た時にリメイクであるこの作品の存在は知っていましたが、アメリカが舞台となると微妙なのかなぁと感じていたので、ガッカリしたくなくて観る事を避けてきました。
そんな心配は無用の良作でした。「オープン…」の衝撃は覚えているものの、ストーリーの記憶はぼんやりとしていたのも良かったのでしょう。夢と現実の認識出来ないデイヴィッド視点のみの映像で押し切っているのでデイヴィッドが翻弄される様子を追体験できました。序盤が若干長く感じますが、全てが明らかになるエンディングを観ると必要なパーツであったのだなと納得します。脇を固める豪華なキャストも注目です。ティルダ・ウィンストンの贅沢な使い方には脱帽です。
集中力を必要とする作品ではありますが、その分しっかりとカタルシスのある物語だと感じます。パラレルワールド的なドラマが好みの方には強くお勧めします。