バニラ・スカイの作品情報・感想・評価

「バニラ・スカイ」に投稿された感想・評価

いつだって男前なトムが、どんなに窮地に追いやられてもクールなはずのトムが、何とも絶望的で何とも言えず切ない役どころ。
SF要素やサスペンス要素、ラブストーリーなどを存分に散りばめてごちゃ混ぜにして、結果混ざりきらずに情報過多な部分が沈殿してしまった感は否めない。
選曲がグッドなのと、この頃のペネロペクルスの可愛さだけで見る価値あり。
前情報なく観るとすごく楽しめるはず。わけわからず、わけわからないまま楽しめる。驚きを求める人にオススメ。
トムクルーズの顔が、、、
こんないい夢見られるなら、夢か現実かの区別がつかなくてもいいやって思えてしまう作品だった。
全く期待してなかったのにおもしろかった。恋愛映画かと思えばSF?サスペンス?でおもしろかったです。
マサ

マサの感想・評価

3.0
トムの顔が大変なことに!イケイケの人生がそこから急転直下!ストーリーもそこから一気に視聴者を惑わせに来る!現実は性格が変わってしまうほど辛すぎる世界。そんな現実より何でも思い通りになる世界でのんびり暮らしたいなら、一生夢の中にいるべし!

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレではなく自分用メモです。
ごめんなさいm(__)m

【メモ】
過去に鑑賞。
ダビングしたかな?後で確認。

先にオープン・ユア・アイズを観てしまっているからか反応が薄かった感じ。
オープン・ユア・アイズの方が好きかも。
それでもトムなので甘い評価になってしまう(^_^;)だめだな~
dorami

doramiの感想・評価

4.0
タイトル、パッケージから想像していた内容とは全く違ったSF要素のある映画。最後まで先が読めず飽きなかった。
序盤は普通の恋愛映画かー、から中盤で印象がガラッと変わり…何だかホロリともしてしまった。

トム・クルーズは有名な俳優さんだけれど、役柄ピッタリ!でイメージに呑まれず物語を楽しめたのもまた良かった。
S

Sの感想・評価

4.0
正直、わかんない。
現実と夢(脳が作り出した世界)の境界線なんて、それくらい曖昧なのかも。

まとまったレビューをかけないくらい混乱してる。

どこまでが現実だったのか、なにが夢でなにが本当か。

大切な事は一貫してる気がした。

自分なりの答えが見えるまで、何度でもトライしたい傑作。
nao

naoの感想・評価

3.7
なんか最後のシーン、
人が死ぬ瞬間てあんな感じで今までの愛した人や楽しかったこととかいい思い出とかが一気に蘇ってくるんだろうね。

悲しいもんだ。
人の死は儚いね。

やばいな、本気で人生生きてみようと思えた。

猫に生まれ変わったら話す
今度使ってみよ


ペネロペクルスはやばい可愛いね!

キャメロンディアスは本当に夢に出てきそう笑

面白かった!
現実と偽物の世界を行ったり来たり。そんな男に迫られた究極の選択とは…

『オープン・ユア・アイズ』というスペイン映画をトム・クルーズ主演でリメイクした作品
ペネロペ・クルスは両方に出演しており、その存在感を示しています。

我々の日常生活は脳が考えて作り出した世界に過ぎないということを教えてくれる。だったら現実も嘘の世界も変わらないんじゃないか?自分だったら現実と嘘どちらの世界で生きていきたいのか考えさせられる。

『マトリックス』『インセプション』が好きな人にはオススメ。
>|