sakiko

告発のsakikoのネタバレレビュー・内容・結末

告発(1995年製作の映画)
4.8

このレビューはネタバレを含みます

何と言ってもケヴィン・ベーコンの素晴らしい演技力。悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実際の事件に基づき、若き弁護士と囚人の友情を描いたヒューマン・ドラマ。

妹を救うためにたったの5ドル盗んだだけで3年2ヶ月も狭く真っ暗な部屋に1人。虐待を受け真裸。食事も太陽の光でさえ与えてくれない。とても人間への扱いではなかった。観ているのが辛くなる。人間の尊厳を深く考えさせられる映画でした。

最後のケヴィン・ベーコンの堂々と歩くシーンは本当に感動!