あも

ハート・ロッカーのあものレビュー・感想・評価

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)
3.5
”war is a drug”
IED(即席爆弾装置)の処理班であるジェームズは、素手で爆弾解体に当たり、命をかけることにしか生き甲斐を感じられなくなってしまっている。

戦争をゲームにしてしまうジェームズ、ゲームにできなかったエルドリッジ、認めたくはないサンボーン。
人を殺すのではなく、爆弾を解体=人の命を救うチームに焦点を当てた、新しい形の戦争映画。この映画を相当に面白いと感じる私も、戦争をゲームにしてしまっているのかも。