ハート・ロッカーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハート・ロッカー」に投稿された感想・評価

Keizysoze

Keizysozeの感想・評価

3.6
《爆弾処理班の視点から一部始終。ちびる》
【The Hurt Locker】
★★★★☆ 4/5点 3.6
11月24日鑑賞。
2020年 386本目。
#‎2‎020映画メモ

2010年アカデミー賞主要部門総ナメのアメリカ爆弾処理班にフォーカスした戦争映画。

タイトルはアメリカ軍のスラングで
「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する。

冒頭の"The rush of battle is often a potent and lethal addiction, for war is a drug."
が全てを語る。

もうドラッグ中毒みたいに頭おかしく無いと出来ないような爆弾処理を述べ700回以上成功させてきたジェームズとその無謀さについていけない同僚と部下を中心に話は進んでいく。

映像が当事者視点に切り替わるため
いつ爆発するか、何処にテロリストがいるかを
一緒になって探し回る感じ。

終始手に汗握り、終わった後は肩が凝るレベル。

監督のキャスリンビグローはなんと女性。

本作もほぼ男性社会の現場をここまでリアルに表現したのは脱帽。2010年のオスカーは元旦那なジェームズキャメロンのアバターと一騎討ちだったがほぼ全勝したマジで男前な監督。

エンディング曲にミニストリーをぶっ込んでくるところもロックしてる。

その後の「ゼロダークサーティ」や「デトロイト」も骨太な戦争(暴動)映画もすごいです。

良い映画を観た。
心が壊れるしかないよね。戦場から普通の平穏な日常に戻れったって無理だよね。平和ボケした国にいるので戦争が生業の生と死ギリギリの状態ジャンキーの精神状態は映画で察するしかない。
な

なの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

とにかく緊張感がすごかった。
たくさんの兵士達がこんないつ命がなくなるかわからないところにいたんだと思うと苦しかった。そしてそういうおころで暮らしてる人がたくさんいるんだよなと。
なにも知らない自分が情けない。
一

一の感想・評価

4.0
『デトロイト』のキャスリン・ビグロー監督作品

戦時下のイラク バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描く

比較的最近のアカデミー賞受賞作品を今更ながら鑑賞
作品賞の割には日本ではあまり良い評判を聞かない気がしますが、それが不思議なくらいシンプルにめちゃくちゃ面白かったし、普通に戦争アクションの傑作だと思う

いつ爆発するかわからないという緊張感の持続がエグいことエグいこと…
常にハラハラドキドキしてる感じがたまらん
その後わちゃわちゃ遊んでるギャップもたまらん
なにより、爆発する時のスローモーションになる映像の魔法にはまんまとやられてしまった

ヨルダンで撮影され、ドキュメンタリーと錯覚してまうほどリアルな美術やロケーション
そしてイラン人役を演じたほとんどの人々は本物のイラン人という…
そんな彼らは、どんな思いを持って撮影に参加し、完成された映画を観てどのように感じたのか、とても気になるし感慨深い

俳優陣はもう全員戦争映画にぴったり過ぎるほど男臭さ全開でよかった
特に、変わり者だけど爆弾を解除するシーンや頼れる兄貴って感じのジェレミー・レナーが超絶格好いい
彼史上一番格好いいといっても過言ではないと思うくらいイケイケ

アカデミー賞六部門受賞作品を侮るなかれ🤦🏻‍♂️👏🏻

全然関係ないけど、ホークアイもファルコンもワスプも出てるってだけでなんか面白い…笑

〈 Rotten Tomatoes 🍅97% 🍿84% 〉
〈 IMDb 7.5 / Metascore 95 / Letterboxd 3.7 〉

2020 自宅鑑賞 No.510 U-NEXT
hidesan

hidesanの感想・評価

3.2
観た後に知ったのですが、賞を沢山もらっている映画でした。確かにカメラアングルや作り物じゃない雰囲気の出し方は良いと思いました。爆弾処理に命を掛ける主人公も良くとらえていたと思います。ただ、個人的には、なぜそこまで命を掛けますか?って思う気持ちで、ずっと観てました。
バグダッドに派遣された爆弾処理班の話。
壮大なBGMがあったり、かっこいい銃撃戦があったりするわけではなく、冷酷に人が死に爆弾が爆発していく、そんな淡々とした映画だった。ただ、主人公のイカれっぷりは半端じゃないけど。
紛争とか戦争って当時の映像みると、ものすごく淡々と時が過ぎて淡々と人が死んでいくよね。そこには壮大さや派手さという概念は一切なく感じられる。そんな描き方の映画。戦争映画では好きな方。
ヨウ

ヨウの感想・評価

3.7
イラク戦争を背景にアメリカ軍の爆破物処理班の動きを追っていく。殉職した隊員の代わりに新たに加わった、死を恐れない男を中心に激烈なストーリーをみせる。各人に差し迫る、尋常じゃない緊迫感を与えるようなカメラワークが秀逸であり、これだけでもかなり高く評価できる。危機が蔓延る戦場だけでなく部隊内で巻き起こるヒューマンドラマにも存分に焦点が当てられていて、深みのある内容となっている。生と死の狭間に誘われ、桁外れのハラハラ感と没入感が沁み渡る。爆発と銃撃が滞りもなく飛び交う空間で精神を削らせていく主人公の心情の変幻模様は要注目だ。最初と最後でその姿が変わってみえてくるのは不思議。アベンジャーズでお馴染みのジェレミーレナーとアンソニーマッキーの共演は熱い。危険極まりない爆破物に命運を握られた男たちが織り成す全く新しい戦争映画だった。女性監督として初めてアカデミー賞を総なめしたキャスリンビグローは映画界に大きな革命をもたらした。これからも彼女の作品に目を付けていきたい。
戦場の最前線で爆弾処理をする米兵のモチベーションが、残してきた家族や祖国への愛ではなくて、ただ単に刺激を求める麻薬的なシチュエーションであることにゾッとした。
緊張状態が2時間続いたまま鑑賞。この作品、暫く頭から離れないでしょう。戦地イラクで爆弾処理班として任務終了まで戦う兵士の姿を描くストーリー。平穏な日々では満たされていない戦争依存者だと気づき、ラスト、再び戦場に戻るジェームズ軍曹。シリアルを買う時のつまらない様子と、戦場へ戻る時の意気揚々とした様子がそれを物語っている。「任務終了まで365日」のテロップは、まるでリセットされたゲームのようでぞっとしました
まぬ子

まぬ子の感想・評価

3.4
バグダッドに派遣されたある爆弾処理班を描く社会派映画。

タメのきついカメラ、役者のクローズショット、息を飲むようにBGMが消え…

なんて演出はない。音もなければ過剰な演出もない。
そう考えると、「娯楽」としての映画はいかに演出によって味付けされ、感情を計算し尽くされているかがわかる。
写っているのは、ただ彼らが紛争地域で目の当たりにする緊張感やむごい現実。それを、私たちは前のめりになるわけでもなく、目で追うだけ。
悲劇や感動を押し付けるような誇張表現はない。
役とシンクロして激怒したり悲しみに打ちひしがれるわけではなく、静かに'軋む'彼らのわずかな心の動きをキャッチする。
そうは言っても、映画の中の彼が激怒し号泣しなければ、同じように私たちもモヤモヤを抱えたまま、無慈悲に行われるテロという現実との共通点に対し、この感情を落とし込む。そういう意味で、とてもリアルな作品だと思う。

飛び散る土塊や爆発のエフェクトには力が入ってていい。

# 122/2019
>|