ハート・ロッカーの作品情報・感想・評価

ハート・ロッカー2008年製作の映画)

THE HURT LOCKER

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.6

「ハート・ロッカー」に投稿された感想・評価

ものすごい緊張感。
戦争映画は大雑把に分けて淡々としたタイプと真正面から訴えかけてくるタイプの2種類あるけど、これはどちらにも属さない中途半端な作りだなと思った。最初は張り詰めた空気感で引き込まれるけど、大した心理描写もなく、かと言ってクールに洗練されてるわけでもなく、130分という長さのせいもあり途中からわりとどうでもよくなってくる。良いシーンはたくさんあるし、終盤の展開なんかは特に面白いので半ばの弛緩した感じがとても勿体無いように思う。
バグダッドという舞台設定とこの映画特有の乾いた雰囲気は合っていて良かった。動物や子どもの使い方も上手いですね。
KANMATE

KANMATEの感想・評価

3.3
緊張感とスリリングとイラクというリアル。現地のかたの思考が全く読めないのが恐ろしさとこちらの不甲斐なさが同時に感じてこわかなしい。ベッカムが一番の癒し。もっとべっきゃむ欲しかったよー
peche

pecheの感想・評価

3.6
「苦痛の極限地帯」「棺桶」を表すハートロッカー。
イラクバグダッドが舞台。
爆発物処理班が淡々と爆発物を解体していく。
ラストまた戦場に戻っていくジェームズ。
「戦争は麻薬」の言葉が印象的。
The Hurt Locker🔒= 米軍のスラングで”苦痛の極限地帯”や”棺桶”の意味だそうでス。実際に南京錠がとあるシーンでも登場します🔒✨

公開👉🏻受賞ラッシュ🏆✨当時は『イラク戦争🇮🇶の正当化』『🇺🇸プロパガンダでしょ』とうがった見方をしていたのと元々戦争モノが苦手なのでスルーしました

終始ヒリヒリと緊張感のある戦闘💣💥なかなかにリアルなのでミリタリー好きの方には垂涎モノかもですが(;´Д`)💦身近に従軍経験者や帰還兵もいない島国🗾日本人(アタシ)には全く共感出来ず…あ。甥がJ官だわ👨🏻‍✈️✨ww

で。現在も多用する作品がありますが『ハンドカメラ📹の手ブレ&ズームでリアル感を出す』このカメラワークがダメなのです…観ていて酔う🌈✨一方で人間爆弾が爆発しても💥必要以上のグロ描写はないので一安心。過酷な暑さの中🐫あの重装備で撮影に臨んだ俳優陣にも感服

【まとめ】『現場の兵士の苦悩』を通して反戦を描いた骨太の作品でした👍🏻たまにはこういうジャンルも観ないと偏りますからね…でも苦手。Japaneseカップル🇯🇵で観るのは不向き👫ですが親子で鑑賞して世界の現状を教える一助にとか👨‍👩‍👧‍👦✨アリだと思います✋🏻徴兵制のある国なら間違いなくもっとスコア⤴️でせう
ストーリーに主人公の最終目標みたいのが無く、只々戦場での日々を描く、凄く淡々とした映画だった。ラストシーンは主人公が極限状態中毒になったって解釈でよいのか?😕
K

Kの感想・評価

3.5
銃がジャムるところが良かった。バレット戦の緊迫感とか現場感にこだわってるのかなと思った。
OsamuSaint

OsamuSaintの感想・評価

5.0
こんな防護服着たって、こんな状況で、身も心も守れるかってんだ
zk

zkの感想・評価

3.8
気が狂いそうになりながらも、何とか正気にしがみついて目の前の人々を救おうとした主人公。主人公が息子に語りかける言葉。そしてシリアルの棚の前に立ち尽くすシーンがとても印象的だった。やれることをやるしかないのだ。

ハートロッカーとは-《米国の軍隊における俗語》極限まで追い詰められた状態。また、棺桶のこと。
HouRai

HouRaiの感想・評価

-
とあるショッキングなシーンは小島秀夫にも強い影響を与えていたようで、その後のメタルギアソリッド5 GZで使われたのかと納得。
Bondrake

Bondrakeの感想・評価

4.5
ハートロッカー 精神的苦痛を強いられる場所・物 いきたくない場所
 
 舞台は紛争地。爆弾処理のベテランで無鉄砲者の男。
 男は何故"ハートロッカー"なる場所に依存したのか。そして、そのハートロッカーについて。 たぶん それを描いた作品なのだと思います。 
 
 サスペンスフルに、そしてドキュメンタリーチックに描かれていて最初から最後まで 緊張感満載です。
 
 そういえば 冒頭でガイ・ピアースが出ていたのですが、思っていた通りの展開になってしまって... 
 もう少し活躍してほしかったなあ。
 
  
>|