へぇ

ラブ・アクチュアリーのへぇのネタバレレビュー・内容・結末

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

亡くなった最愛の妻を想って涙したり、片想いが苦しくて引きこもったり、気になってる女性のせいで仕事に手がつかなかったり、愛する女性のために外国語の勉強をしたり、シャイで奥手な男性だったり、友達の結婚相手の女性を愛してしまって苦しんだり、小悪魔な女性に振り回されたりと、

弱っている男性がたくさん!(笑)
そして恋が成就すると、無邪気に喜ぶ男性陣。
 
相手の女性にメロメロだなーと感じるところが多く、女性の方が特に喜びそうな映画だと思いました。そんなわたしもその内の1人で、ずいぶん顔が緩みました(笑)

首相が恋の衝動に駆られて、意中の女性の家に押しかけるとか…

少女漫画か!(笑)

でも、キュン。(笑)

メロメロシーンだけでなく、登場人物たちの繰り出すユーモアある掛け合いもまた楽しめました。言葉が上手いなぁーって、iPhoneにメモをとりたくなります。

恋人同士だけでなく、いろんな愛情を見れて心のほっこりする映画です(^ν^)