バインドー

リアル・スティールのバインドーのレビュー・感想・評価

リアル・スティール(2011年製作の映画)
4.0
これぞ!現代版オーバーザトップ!
[キャラ][脚本][テーマ][演出][世界観]
4 4 4 4 3
カントリーミュージックと、孤独な主人公 が運転するトラック 遊園地と 窓に映る観覧車。これから始まる父と子の絆 を予感させるようなそんな静かな出だし、この映画は冒頭がメチャ素敵です!あとは劇伴がもうヤバい!

ストレンジャーシングス3が来年 夏配信と知り 待てないよ!遅ずぎる!発狂しそう!となり、総指揮を務める ショーンレヴィ監督の作品でも見ようと、棚から強引に取り出し久々の鑑賞!レヴィ監督はちなみに今 ストシン3、アンチャーテッドの実写版、カーペンター監督スターマンのリメイク、ジェームズワン監督とのタッグ ホラー作品など、超多忙なようですね。全部楽しみ!
今作は皮肉も 複雑さもない ワンツーストレートな作品ですが、それでもダニーエルフマンさんの手がける劇伴は 映画史に残るぐらいの素晴らしい出来栄え。胸熱すぎる!それだけでも見て損なしです。ランニングとかにいい曲ですね。主役のウルバリンもパパ役をやらせたら 右に出る者は居ません!何役やっても いい人感が抜けなくて 大好きです!ウルバリン!本当にいい人なんだろうなぁーと思います。チャッピーの悪役はヤバかったけど、、(ヨダレ垂らしてグヘグヘ言って人殺してましたからね 笑。あれもあれで素敵ですよ!^_^:)とにかく観るなら大音量で 出来れば英語で見たほうがいいと思う一作です。なぜならロボットを動かすコマンドを音声で認識させるので 単純に英語のがカッコいい!!カモーンゲラップ!ヘンザッブ!ステンダップ!ライトフック!ライトクロス!ライトクロス!ライトアッパかー!てな具合です!