チーズマン

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃のチーズマンのレビュー・感想・評価

3.6
青春、ですな〜。
アナキンとパドメが結ばれていく過程がなんかデコボコしててセリフも平凡でややダレ気味だったけど、画面越しに優しく見守って応援してました。
内容より何より大人のアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンは弟子には適役だと思った。顔が、というか純粋で危なっかしくて表情豊かな目つきが。どう考えても最初からジェダイに向いてないだろって思うくらいアナキンが自分の感情を抑え切れてないのに笑そうになるけど、面白かった。