チーズマンさんの映画レビュー・感想・評価

チーズマン

チーズマン

映画って本当にいいもんですねえ。

あの空間が好きなので劇場で観た作品はそれだけで評価が上がりがちです。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.7

メインキャラ3人の相性が良くて楽しいです。

酒、二日酔い、分かる人には大なり小なりの共感が楽しい作品ですが、まあ嫌いな人もいるでしょう。

自分の記憶を辿るサスペンスを、酒の二日酔いコメディにしたの
>>続きを読む

太陽の帝国(1987年製作の映画)

3.4

→この表紙の画像にもなってる零戦敬礼シーンの綺麗さったら、日本人監督が描くのとはまた違ったおとぎ話のような感覚の綺麗さです。
アメリカ側からしたらそういう側面もあるかもしれないですね。

若き日の、と
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.8

“「ナチの野獣」暗殺計画”
なんて副題がついてるもんだからと、そんなものは微塵も残らなかったぐらい悲愴であり悲壮な作品でした。

ハイドリヒ暗殺を目的としたエンスラポイド作戦を描いた映画です。


>>続きを読む

戦争のはらわた(1977年製作の映画)

4.4

サム・ペキンパーの傑作、観なきゃなあと思いながらも公開40周年だかなんだかでデジタルリマスター版が劇場公開されるということで、どうせならと思いそれまで待ってました。

そして、ようやく劇場で観れました
>>続きを読む

ピーター・パン(1953年製作の映画)

3.5

大人になってから観ても面白いですが、狂ってるなあ。笑

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

ノーランが初めて史実の戦争物を、となればやはり普通の戦争映画を撮るわけがないですね。

極力セリフを削ぎ落とし、とにかく体感させ、その感覚から直接なにかを感情へ訴えてくる映画に仕上がってました。

>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.9

めちゃくちゃ刺激的で面白いんだけど、観客側を非常に困らせてくれる映画でした。

ポール・ヴァーホーベン監督。
フランス、ベルギー、ドイツ製作映画とのこと。

サスペンス、一応犯人探しというストーリーは
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.2

半径数百メートルのやさしいアニメでした。

とあるきっかけで、女子高生達がミニFMでラジオ放送をすることになります。
ミニFMってのがあるのを初めて知りました。

なにげに、主人公の声に対して結構賛否
>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.7

そして、紛れもなく、こちらも日常。


フィリピン映画って観た記憶がない気がします。

ブリランテ・メンドーサ監督。

まるでドキュメンタリーのようなリアリティで描かれるマニラのスラム街。濡れた服が乾
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.1

日常が愛おしく思える。

日々の暮らしがそう感じれたら良いのは誰でもそうだと思います、しかしその当たり前を映画で描くのはとても難しいことです。
単に退屈な作品になりかねませんしね。

しかし、この『パ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.4

テキーラ!!
って、ほんとジェイミー・フォックスの嫌な演技が最高。俺たちのベイビーをいじめないでくれ。笑

いやー楽しかったですね、もう色々と分かりすぎて恥ずかしかったもの。え、俺の1人の時の車内の様
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.6

岩井俊二のほうのやつは観てません。

監督は武内宣之
脚本が大根仁
そして総監督が新房昭之
これはどんな作品になるのかやっぱ気になる座組ですね。

脚本で大根仁とは何故だろうと思ったけど観てみるとなん
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

「関ヶ原」
原作は好きなので、なにげに期待してた作品ですが、結局楽しめなかったです。
これは理由は明白で、観終わった時に思った「ああ乗り損ねてしまったな〜」ということに尽きると思います。

この作品の
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

4.3

観る度に面白くなるSFヒューマンロードムービー(味は苦め)。
トム・クルーズ、良い役者だなあ。

前半の、日常が壊れパニックになり訳の分からぬまま巻き込まれていく様子がすごい楽しい。

主人公はトム・
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

願わくばあの島の海に1度墜落したい。笑

『DCエクステンデット・ユニバース』の第4弾目にして、世界観を壊すことなく抜けの良さがある作品がようやく出てきたんじゃないでしょうか!
(個人的には『スーサイ
>>続きを読む

チャイニーズ・ブッキーを殺した男(1976年製作の映画)

3.8

本当にかっこいい男というのはドン底まで追い詰められた時に真価が分かるんですね。

最初は、小さなナイトクラブのオーナーとしてやたらキザで優しく格好付ける主人公が無理してるようで全然かっこよく見えなかっ
>>続きを読む

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME(2013年製作の映画)

3.1

湯涌ぼんぼり祭りが本当に地域のお祭りになって続いてるのにはびっくり。


石川県の架空の温泉街にある旅館で働く人々を描いたアニメ。

それなりにまとまって終わった話の、その後を無理に描くのだろうかと思
>>続きを読む

シェーン(1953年製作の映画)

4.3

名前は有名ですね〜ぐらいの感じでしたが、少し前公開の『LOGAN/ローガン』経由で気になり、ようやく観ました。

いや面白かった、西部劇だけどその時代の終わりをなんとな〜く感じとれるような時期を背景に
>>続きを読む

アルジェの戦い(1966年製作の映画)

4.1

この1966年の映画が今観ても思いっきり現在進行系の問題とリンクしてしまうのでびっくりした。

リアルに描くことにこだわっていて、それが存分に発揮されてる映画でした。
ドキュメンタリックな感じで自然に
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

3.5

なんか不思議な映画で、何回か観てるけどその度にけっこう良い悪いが変わります。

ロボットゆえに叶わない夢を願い続けて、ロボットだったから願いが叶う。
人間でもロボットでも夢をもつことは素晴らしいですが
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

4.0

イーライ・ロスが『食人族』を、ということでひたすらグロいのかな〜疲れそうだな〜と思いつつ観たら意外、そんなことが気にならないぐらいこれが普通に面白かったんでびっくりした。
むしろイーライ・ロスが監督し
>>続きを読む

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.4

つまらなくはないです、楽しいところも結構あります。
ですが1作目の焼き直しという印象が強かったです。

ダメダメっぽい両親をよそに利口な子供が活躍してました。
恐竜の島でのサバイバルを通して壊れた家族
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.9

スピノザウルス恐え!
この映画の影響で当時の自分の中ではスピノザウルスは悪役という印象がついた気がします。

ジェットコースター的な恐怖映画としての側面が全開な続編です。
きっと前作を撮ってる時に映像
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.6

さあ来ました、俺たちシリーズ。

「モナ・リザ、キミは過大評価されたクズさ」なんてどうかしてる歌をよく真面目に歌えるな。笑

【最近流行りの薄っぺらい音楽ドキュメンタリーを茶化して面白がることが、この
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.6

全然観れる!全っ然今でも観れますよこの映画の恐竜達。
27年前にしてなんたるCGのクオリティ。

小学低学年の頃に友達の家で、そこのお父さんが発売してすぐ買ったばかりの『ジュラシック・パーク』のビデオ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.6

マクドナルドがマクドナルドになった瞬間。

自分の周りに当たり前にあるもがどうやって出来たのか、という話は割と好きかもしれないです。

怪物か英雄か、というキャッチフレーズは、そういうものと言ったら元
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

またかよー、なんて思ってごめんねスパイダーマン!
面白かったです。

多分今までのスパイダーマンと1番違うのは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中のスパイダーマンということですね。
>>続きを読む

海底 47m(2017年製作の映画)

3.1

監督はヨハネス・ロバーツ。

美女2人がケージの中からサメを見て楽しんでたら船のクレーンが壊れてケージごと47mの海底まで落ちてしまって、サメはいるわ暗くて視界が悪いわでおまけに無線も通じない、どうし
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

-

もう何が何だか。笑

毎度のこと前作のストーリーとか全く覚えてなかったけど、なぜか問題無し、毎回だいたい楽しめます。
IMAX3Dで観ましたが映像の迫力は相変わらず凄いですね、とくに終盤の方とか画面内
>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

3.7

子供の時に観た時よりは全然面白かったです。

今思うと、27歳のOLが主人公のアニメ映画ってなかなか無い気がします。

現実パートのリアルなタッチの顔の描き方がちょっと合わなかったかも、特に笑顔が不
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.5

人に聞くとだいたい高評価なんでどうせ良い映画なんでしょうと思って観たら、まあ想像通り想像を超えて良かったです。

とても暖かい映画でしたが、所々に陰を感じれるから主人公の人生が立体的に見ることができた
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

3.9

満月の真ん中、自転車で空飛ぶシーンのシルエットはもうアップルのリンゴぐらいのあれですね。

小さい頃観た時は同じ子供だったので思わなかったけど、スピルバーグの子役使いの上手さにはもう脱帽。

そしてや
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.7

マイノリティ・リポート、“少数報告”。

冒頭15分ぐらいの近未来描写と設定の説明のところがすごい楽しかった。
それとトム・クルーズ演じる主人公ジョンが過去に囚われた自分自身と対峙するような場面での決
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.3

こんなに面白かったっけ、恐怖とドラマを丁寧に描いてますよね。

CGに慣れた今観返すといかにもサメは作り物って感じですが、これがまた何を考えてるのか全く分からない感じがより増して見えて恐くて良かったで
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

想像以上にオーウェン・ウィルソンがウディ・アレンだった。笑

さらっと観れる割には色々と“ゴージャス”な映画でした。
良いですね。
1920年代のパリに限らず、どこかしらの憧れの時代があるような人なら
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.2

テレビ画面で観ても面白いことには変わりないけど、やっぱIMAX3Dで初めて観た時は至福の時間だったなあ。

さすが観てるこちらがガン上がるツボを押さえてくれてますね、イェーガーは“チェルノ・アルファ”
>>続きを読む

>|