エム

不連続殺人事件のエムのネタバレレビュー・内容・結末

不連続殺人事件(1977年製作の映画)
2.7

このレビューはネタバレを含みます


警察が全く仕事しないなぁと
思いながら見てました。

まず登場人物が多い、本当に!
あと土井画伯、内田裕也の裸ジャケット
サスペンダーストールには痺れた。

終盤に、全員を食卓に集めて
すべての殺人について説明する
所がネタバラシみたいで面白い。

8人連続殺人、と思いきや
それぞれが独立した殺人事件になっていて
すべてを恋慕が繋げている感じ。
最後は犯人であった男と女の自殺。

ATGの映画って眠くなっちゃうんだけど
なぜか見てしまうんだよな。
そしてアートシアターを買ってしまう。
沼にはまったら抜けられん、、、