MiYA

フェイク・クライムのMiYAのレビュー・感想・評価

フェイク・クライム(2010年製作の映画)
3.3
「サタ☆シネ」にて。穴掘り系(?)のクライムムービー。悪くはないです。主人公がカモフラージュで入った劇団にのめり込んでいってしまうところは面白くて、銀行強盗とチエホフの「櫻の園」の組み合わせはシュール。ただキアヌがちょっと生真面目すぎるんだよなぁ。もうちょっと軽妙な役者が演じていればコメディ要素が加わって面白くなったんじゃないかとも思ったり。

相棒の老人マックスがなかなか味があり、ジェームズ・カーンって誰だろって思ったら、「ゴッドファーザー」のソニーなのね。ヒロインのヴェラ・ファーミガ(この人、好き!)、変人演出家のピーター・ストーメアと、主人公のぼんくらぶりを際立たせる脇役陣の活躍が光ります。