orangeloop

血と砂のorangeloopのレビュー・感想・評価

血と砂(1965年製作の映画)
4.4
戦争って何だっていうぐらい若い兵士たち
中国 北支戦線
日本陸軍は中国国民革命軍第八路軍の激戦地へ赴く
13人の軍楽隊の日本兵の前に現れた小杉曹長

岡本喜八だけあって独特な戦争映画でしたが
日本兵13人が皆な明るくておもしろくて良い!
最高でした!
涙なしには見れないラスト 超感動する!

佐久間大佐と小杉曹長はぶつかってますが
(仲代達矢×三船敏郎)
どちらも上官として男らしい
「戦争は汚いものだ‼」ということを教えてます

戦争に音楽なんていらないと言われていたけれど
最期まで楽器を鳴らす兵士たちが心に生きている!
なんか、こう胸に響くんです 魂がこもってる感じです
実話からの脚本だそうです

「ゼロ・ファイター大空戦」森谷司郎監督にも出てました
板さんの佐藤允あっちでもこっちでもちょっと切れ役
出刃包丁が似合ってます