シネマドリンク

ハンナのシネマドリンクのレビュー・感想・評価

ハンナ(2011年製作の映画)
4.2
フィンランド、ドイツ。

極寒の地で幼少期の、頃から父親にサバイバルや戦い方を教わった娘。

唯一の娯楽と言えば、母親の形見のグリム童話。

父の能力を上回って成長した娘。合流する場所を告げられ、一人立ちするが、追手が迫り生活が一転する。

父親の考えはなんなのか?
何故自分が襲われるのか?
戦いしか知らない少女の行方は?

85E点 少女の山での生活が終わり、街に来て普通の家庭で少しだけ生活をする所が、戦い以外何も知らない驚きと喜びを初めて味わうので面白かった。