marimo

スパイダーマン2のmarimoのレビュー・感想・評価

スパイダーマン2(2004年製作の映画)
4.7
列車での戦闘シーンは今なお文句無しでカッコいい。

この作品、実は私のIMAXデビュー作品。

その昔、「メルシャン品川アイマックスシアター」っていうのがありまして。。。
(2007年に閉館しちゃった)

そこでスパイダーマン2(IMAXフィルム版)が上映されたんですね。(通常の映画館よりは遅れての上映でしたが)

IMAX撮影はされてないはずなので、IMAX DMRだったんだろうけど。その衝撃たるや今でも忘れられません。

現在、日本には大阪エキスポシティにしかないフルサイズIMAXが品川にあったんです。しかもフィルム上映(今の品川IMAXは箱は一緒だけど、スクリーンの縦ががっつり削られちゃってます。)

反り立つ巨大なスクリーン。傾斜のきつい座席によるスクリーンとの距離の近さ。

懐かしい。

当時のIMAXには届かないけど、4K HDRでAtmosなので、現状最高のフォーマットでの再鑑賞。

ヒーローとしての運命を受け入れたピーターだけど、スパイディ活動が多忙でプライベートがボロボロっていう、ブラックなSE企業の3年目社員みたいな状況。

「もう、辞めちゃえ」って感じで有給消化に入るものの、自分の抜けた現場がどんどん炎上してゆく様に耐えられなくなって職場復帰し、プロ社畜への道を突き進む。。。

失礼いたしました。
(そんな感想、初見時には無かったのにな〜。歳取ったな〜)

続編として一作目とは異なる魅力を引き出してスパイディのブランドを確立させた1本!

今観るとCG粗いけどね。
銀行強盗のシーンはカッコいいし、暴走列車止めるところの迫力はほんと凄い!

もちろん続編に向けての目配せ(ハリーとの関係とか)。完璧です。

アメコミ実写映画のレベルが2段階ぐらい引き上げられたヒーロー哲学映画の傑作です。