こうだい

レオン 完全版のこうだいのレビュー・感想・評価

レオン 完全版(1994年製作の映画)
4.8
サクッと読めるように改良しました!

【㊗️!フォロワー1万人突破!】

Filmarksを初めて59日…

意外と早く行った〜!嬉しい!!

面倒くさがりな俺がこうして続けられたのも、偏に

こうして読んでくださっている、

そしていいね👍をくださる

皆さんのおかげです!


特に貴方!!!


ホントに感謝しかないです!!!

改めて、これからもどうぞ宜しくお願いします!


という事で今回は記念に、傑作中の傑作『レオン 完全版』を観てきました〜

それでは感想!の前に
一つお知らせ〜


現代人は長文が読めなくなってきています


皆さんの中にも、ギュウギュウに詰まった文章は苦手〜って方も多いのでは?

そういう意味ではTwitterの文字数制限は理にかなっていると言えますね〜


そこで!

解説・内容・批評及び感想はそのままに、


レビューをより読みやすくリニューアル!🎉

文章構成を一から見直し、感想を最初に書く事に致しました!


そこで興味のある作品は、

解説・内容・批評の知りたい情報をピックアップして

より深く読んで頂ければと思います!



それでは『レオン 完全版』のレビューどうぞ!

【感想】
とにかくナタリー・ポートマンが美しい!✨

いや、可愛い!!!

いや、マジで可愛いから!!!


子供ながらに凄まじいオーラ…

そして豊かな表情…

もはや本当に18歳に見えてくる程の才能


まさに「才色兼備」とはこのことか!


こんなに可愛いマチルダに、恋だの愛だの言われたら

どんな男でも虜になっちまうよ〜

ロリコンだって?

いやいやいやいや、そんなの関係ねぇ!


男ってのは単純で、好きになったら人生捧げてでも守りたくなっちゃうんよ〜

ほんとバカなんだから!笑


でも冷静に考えて「成人男性と12歳」は完全アウトやな笑

でもそれがあたかも純愛の様に見えるのは、

監督が素晴らしい

それに尽きます…

【解説】
22分の未使用シーンを追加収録した、リュック・ベッソンの傑作アクションドラマ!
孤独な日々を生きるすご腕の暗殺者レオンと家族を皆殺しにされた少女マチルダの交流や、二人に迫る危機を映す!
主演は『バレッツ』などのジャン・レノと『ブラック・スワン』などのナタリー・ポートマン。その脇を『裏切りのサーカス』などのゲイリー・オールドマン、『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのダニー・アイエロら実力派が固める。

【内容】
ニューヨークの片隅に立つアパートに暮らす、寡黙で孤独な男レオン(ジャン・レノ)。その正体はすご腕の殺し屋で、トニー(ダニー・アイエロ)という男の仲介を経て暗殺を行っていた。そんなある日、彼の隣室に暮らす一家をスタンフィールド(ゲイリー・オールドマン)とその部下たちが惨殺する。たまたま外出していた12歳になる一家の娘マチルダ(ナタリー・ポートマン)は、異変を感じてレオンの部屋へ向かって救いを求める。彼女をかくまったレオンは、そのまま一緒に生活を送ることになり……。

【批評】
完璧なストーリー、完璧な伏線回収、完璧なキャスト、それでいて音楽も良かった。傷ついたマチルダの成長過程、助けてくれたレオンへ寄せる淡い恋心、そしてラストの成長を、笑いも交えて見事に描ききっている。26年も前の作品だが、しっかり迫力のあるアクションシーン。観ていて飽きず、あっという間に2時間経ってしまう傑作。