青二歳

ウインダリアの青二歳のネタバレレビュー・内容・結末

ウインダリア(1986年製作の映画)
2.6

このレビューはネタバレを含みます

雨月物語の"浅茅が宿"をモチーフにしたドラマファンタジーアニメ。雨月物語すごいなぁ。どんだけ派生作品を生むやら。浅茅が宿のモチーフとなるのは国境の素朴な村に住む夫婦。それに加え、敵対する大国同士の王女と王子の恋人の物語が重なる。
なぜ二組のカップルがと思ったところ"約束"がテーマらしいのですね。すると確かに"浅茅が宿"の妻だけだと慎み深すぎて時代に合わなかったのかも。ハッキリと物言うお姫さまは"約束"を違えた王子を責め立てます。

さてこの王女と王子のそれぞれの大国についてですが、双方ビックリするほど外交オンチの上に平和ボケ。片や武器は槍と剣、片や近代兵器はあるが軍隊の練度が絶望的に低い。王女と王子はその実態を分かっているし、愛し合っているので戦争を回避したいのですが…なんか歌舞伎の世話物でも見ているかのように避けられない不運な事故が続いて、それぞれ身動きできなくなっちゃうという。
とまれ国境の素朴な村の夫婦、敵国の王女と王子、彼らが戦禍にあってどんな道を選択するのかぜひ見届けてください。