りょーこ

ウォール・ストリートのりょーこのレビュー・感想・評価

ウォール・ストリート(2010年製作の映画)
2.3
1987年『ウォール街』の続編。

金融関係に全く興味が無いからか、私の頭が悪いからなのか、とにかくつまらなかった。。
しかも133分もある…

前作は見ていませんが、そちらの方が面白そうです。



ゴードン・ゲッコーは、インサイダー取引と証券詐欺罪で8年の懲役刑となり、その後出所。

7年後。

ウォール街で働くジェイコブは、ゴードンの娘ウィニーと幸せに過ごしていた。

そんな中、勤めていた会社が経営破綻し、父親の様に慕っていた経営者ルイスは自殺してしまう。
破綻の理由は、投資銀行経営者ブレトンによる根も葉も無い噂だった。

ルイスの復讐の為、ブレトンの会社で働く事にしたジェイコブ。
しかし、投資方針が合わず、自分の取引を潰されてしまった。
更に金融市場が崩壊。

ウィニーが身篭った事もあり、なんとか状況を打開したいジェイコブは、ゴードンに相談に行く。
すると、スイスにウィニー名義で大金が預けてあるとの事。
洗浄してから渡すというゴードンに大金を預けたが、その日からゴードンは姿を消してしまい…



当たり前なのだけど、見えないお金のやり取りなので全然迫力が無い。
儲けたから贅沢三昧、負けたから路頭に迷う、騙した奴は刑務所へ…
そういう明確さが無いまま、親子愛やら金の取引やらが延々と133分流れ、とにかく退屈でした。

でも俳優陣は豪華☆

ゴードン役マイケル・ダグラス
ジェイコブ役シャイア・ラブーフ
ジェイコブの母親役スーザン・サランドン

さらに前作にも出演したらしいチャーリー・シーン。
なんか整形した様な変な突っ張り顔だったけど、何かあったのかなw

もう少し派手な展開を望んでいた為、とにかくがっかり。
株でもやってたら少しは楽しめたのか…?

終始?マークしか浮かばない、そんな作品でした。