よるける

溶岩の家のよるけるのレビュー・感想・評価

溶岩の家(1994年製作の映画)
-
土着信仰的な死生観を漂わす台詞の詩想みたいなものの、根底的な素材というか、コロッサルユースにダイレクトに繋がる情景とか、手紙を介しての人物相関があって、コスタ理解が少し深まった気がしましたな。理解っちゅーか、繋がる嬉しさ。場面転換が忙しないが、クラッとくるショットとか、だんだん、ぽくなってきてる。育ってきてるみたいな。