溶岩の家の作品情報・感想・評価

「溶岩の家」に投稿された感想・評価

話はほとんどわかんない。
バチバチに決まりまくったショットがめちゃくちゃあった。
jackpov

jackpovの感想・評価

4.0
よく分からなかったけど、カット一つ一つがめちゃくちゃフォトジェニックで強かった
照明上手
バイオリンうるさい
そして、イネスが僕の個人的美人女優ランキングトップを更新
『ガンマン大連合』のイリスベルベン越えでした
凄い
奇跡
icdtr

icdtrの感想・評価

-
やっぱりカット一つ一つの強度がすごすぎる…
イネス・デ・メディロスが画面に映るだけで奇跡みたいなものを感じてしまう
砂っぽい土地の中で本当に緑と赤が際立って綺麗に映ってた。夜の海も黒ではなく紺というか藍色というか。
美しかった。
内容は、よく分からなかった。
Tyga

Tygaの感想・評価

3.8
これも結局、土地と人間のお話なのでは……。
ストーリーを理解しようとしながら観ると途中から全然意味がわからなくなる。

カーボヴェルデからいつ出ていくか、ということを考えている人たち。
ただ、その土地は見捨てられたのではなく、征服困難であるというだけ。

敢えて言うなら、10倍くらい難解にしたアピチャッポンみたいな印象。
bird

birdの感想・評価

-
初期3作の中では一番好き

物語自体は説明が少なく分かりにくいが、白い画面と暗闇の場面の対比、島の雄大な自然、音楽、イネシュ・デ・メディロシュが目に耳に心地良い

看護婦2人が鏡の前で化粧直しするシーンが最高
観ている間ロッセリーニの『ストロンボリ』などを思い出したりした。
245164

245164の感想・評価

4.0
レオンが運ばれてくる前のリスボンの病院でのショットかっこいい。
土着信仰的な死生観を漂わす台詞の詩想みたいなものの、根底的な素材というか、コロッサルユースにダイレクトに繋がる情景とか、手紙を介しての人物相関があって、コスタ理解が少し深まった気がしましたな。理解っちゅーか、繋がる嬉しさ。場面転換が忙しないが、クラッとくるショットとか、だんだん、ぽくなってきてる。育ってきてるみたいな。
カーボベルデにやって来た看護婦。
話は訳わからない。とにかく異様で謎めいていて、引き込まれる。
ジャック・ターナーの「私はゾンビと歩いた」の影響を受けてるらしいが、よくわかる。
神話的な女優、エディット・スコブの顔の造形はそれだけで映画。
>|