ポルトガルのおすすめ映画 154作品

ポルトガルのおすすめ映画。ポルトガル映画には、ゲイブ・クリンガー監督のポルトや、アダム・ドライバーが出演するドン・キホーテを殺した男(原題)、ヴァンダの部屋などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ポルト

上映日:

2017年09月30日

製作国:

上映時間:

76分

ジャンル:

3.6

あらすじ

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジム・ジャームッシュ監督&リチャード・リンクレイター監督が太鼓判を推していたので観てみた。 ド派手な展開の映画ばかり…

>>続きを読む

刹那的な一夜はまるで永遠のように忘れ得ぬ愛を刻む。捨て犬のような男女の視線はぶつかり、パッと弾けた。それは一瞬の花火の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

お店の🎵 ドンキホーテを殺した男❗イエス ドンキホーテ店長「え?どゆこと?

おすすめの感想・評価

ペドロコスタ監督のドキュメンタリー映画。 ドキュメンタリーの舞台は、ポルトガル(リスボン)郊外のスラム街。 “ヴァンダ…

>>続きを読む

ポルトガル、リスボンのスラム街、部屋で麻薬に埋もれているヴァンダとその周りでは解体が進み、常に工事の音が鳴り響く。野菜…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リスボンの郊外にあるスラム街フォンタイーニャス地区を舞台に、家を飛び出した妻を探す男性の姿を追った作品。 監督は「ヴァ…

>>続きを読む

苦行です。相変わらず長いです。「ヴァンダの部屋」から6年が経ち、ヘロインやりまくりだったヴァンダも更生して(?)ドラッ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

めちゃくちゃすんごい!見終わって思わずもう一度頭っから見てしまった。 シーンが飛ぶ飛ぶ、最初話について行けずキャラクタ…

>>続きを読む

ペドロ・コスタ鑑賞記録① これが処女作。この事実だけで、ペドロ・コスタの才能に驚嘆の一本だった。 この人は間違いなく映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヴィム・ヴェンダースの隠れた名作とまではいかないものの肩の力抜いたようなチャーミングな作品。 ドイツに住む録音技師(…

>>続きを読む

― 私は自分自身の旅人 そよ風の中に音楽を聞く 私のさまよえる魂も ひとつの旅の音楽 ― フェルナンド・ペソア 「リ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2回目の観賞。 中年ドラァグクイーンのトニアが、息子ゼ・マリアや恋人ロザリオ、周囲の人々との交流しながら、病によって命…

>>続きを読む

良い、良すぎる。 自己と性から乖離する肉体の変容、その孤独を癒し、また苦痛も与えた愛と信仰。 冒頭、折り紙での鮮やかな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヘドロ・コスタ、初めて観ました、好きです。 出稼ぎに来てた、黒人レオンが工事現場で事故にあい意識不明になる。その黒人…

>>続きを読む

これも結局、土地と人間のお話なのでは……。 ストーリーを理解しようとしながら観ると途中から全然意味がわからなくなる。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『ヴァンダの部屋』を一年前に観ていたので、開巻早々にヴァンダの咳が聞こえたときは妙な懐かしさを感じた。 咳自体がヴァン…

>>続きを読む

『ある子供』みたいなストーリーがあるけど、主役はストーリーじゃなくなってきて、伝説的なハードロックバンドのギタリストみ…

>>続きを読む

コスモス

製作国:

上映時間:

102分
3.7

あらすじ

ヴィトルドは法学部の試験に失敗し、逃げるようにポルトガルの村にやってくる。家族経営の民宿に滞在すると、そこには躁状態の女主人、浮世離れした夫、唇のめくれた女中、そして美しい娘がいた。ヴィト…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ズラウスキーほど当たり外れの激しい監督もそうそういるものでなく、ソフィーマルソーの愛人日記みたいな死ぬほどつまらないも…

>>続きを読む

ポルトガルの安宿屋を舞台に展開する、なんとも言葉では形容し難い作品。 これなんとなく天願大介監督の「なまず映画」に通じ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

おーっと…これは… 途中寝ちゃってシーンを見過ごしたからストーリーが良く分からないのかと思ったけど、皆さんのレビュー…

>>続きを読む

初回何故複数の男女がタイムスリップして同じ場所に現れたのか分からないので進みにつれて分かっていくのだろうと期待しました…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パリの名門校に通うアントワーヌ。父親の望むように学校に通っていたが、ある日映画のスカウトを受け、女性監督ルイーズのカメ…

>>続きを読む

ヤマなし、オチなし、意味なし、一見深そうでただエロいだけのフランス映画だが俳優陣が豪華なので何となく観られてしまった。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スペイン、ポルトガル合作映画です ヒューマンドラマ、家族ドラマかな Netflixで観ました 多発性硬化症とは 通常…

>>続きを読む

<多発性硬化症を患ったラモン。トライアスロンへの挑戦を決めた彼と義父との訓練は確執をも埋める実話ベースドラマ映画> 2…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 ベルリンで医師をしているファビアンだが、ある患者の死をきっかけに仕事を辞め元恋人のドロが住むリスボンへ旅立つ。初めは…

>>続きを読む

別れた恋人ドーロに会いたくて、ファビアンは急にドーロの元に行く。 しかし、そこでドーロがフランシスコとキスをしているの…

>>続きを読む

アンジェリカの微笑み

上映日:

2015年12月05日

製作国:

上映時間:

97分
3.6

あらすじ

ポルトガルはドウロ河流域の小さな町。カメラが趣味の青年イザクは、ある夜、若くして亡くなった娘アンジェリカの写真撮影を依頼され、町でも有数の富豪の邸宅を訪れる。白い死に装束に身を包み、花束を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

死をテーマにしたラブストーリー 死がテーマなんだが重くなくてむしろ美しいばかり クラシック音楽と雨の音が何か奏でている…

>>続きを読む

レンタルで再度鑑賞。私の個人的な、昨年の洋画ベストワン(キネマ旬報ベストテン3位)。冒頭の、雨降りの深夜に富豪邸の執事…

>>続きを読む

リスボンに誘われて

上映日:

2014年09月13日

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人生を導くのは偶然だ     偶然によって導かれていくストーリー。   良質の文学を読んでいるかのような作品。    …

>>続きを読む

人生の中で心を奪われる物ってありますよね それは本だったり、絵画だったり、歌だったり… もちろん映画だったり その中に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「破壊衝動は創造衝動なんだ」 ↓あらすじ 銃弾もはねのける厳重なハイテクリムジンに乗り警護班に守られる大富豪。床屋に…

>>続きを読む

28歳にして巨万の富を得た投資家エリックはトイレ完備の生活必需品全て揃った嫌に小綺麗なリムジンで2マイル先の床屋を目指…

>>続きを読む

アランフエスの麗しき日々

上映日:

2017年12月16日

製作国:

上映時間:

97分
3.0

あらすじ

100%思いのままに撮った生涯で初めての映画だ―ーヴィム・ヴェンダース ルー・リードの名曲『パーフェクト・デイ』とともに映し出される無人のパリ やがてカメラは、柔らかい夏の風が吹く木陰…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年、映画館初めは「パリ、テキサス」「ベルリン・天使の詩」の名匠ヴィム・ヴェンダース監督最新作「アランフェスの麗…

>>続きを読む

いつもヴェンダースは新作が公開されてもDVDが出るのを待っていたけど、今回はいつもより興味があったし日程もあったので劇…

>>続きを読む

ホース・マネー

上映日:

2016年06月18日

製作国:

上映時間:

104分
3.9

あらすじ

どこからか手紙が届いた。いまひとりの男の人生が終わろうとしている。 彼はアフリカの小さな火山の島からやって来た。あれから何十年経ったのだろうか。いまは記憶も途切れ途切れだ。彼の元に女が現…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 『ヴァンダの部屋』(2000)の衝撃は、剥き出しの実存ばかりが圧倒的な(としか言いようがない)映像で目の前に現れたこ…

>>続きを読む

この映画が眠い! 2016 第1位ですね、これは。 いままさにその人生に幕が引かれんとする男、ヴェントゥーラの精神は…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オリヴェイラが100歳の時に監督した作品。 まずね、ブロンドではないし、少女でもない、過激でもないし、美しくもない。…

>>続きを読む

それにしてもこの悪意と企みを秘めた優雅さには実に惹かれるものがある。素晴らしいわ。オリヴェイラのエッセンスがパッと見は…

>>続きを読む
>|