ポルトガルのおすすめ映画 181作品

ポルトガルのおすすめ映画。ポルトガル映画には、ロベルト・シュヴェンケ監督のちいさな独裁者や、アントン・イェルチンが出演するポルト、リスボンに誘われてなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ちいさな独裁者

上映日:

2019年02月08日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

第⼆次世界⼤戦末期の 1945 年 4 ⽉。敗⾊濃厚なドイツでは兵⼠の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱⾛したヘロルトは、打ち捨てられた⾞両の中で軍服を発⾒。それを⾝に纏って⼤尉に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 「行くぞヘロルト親衛隊!」 あらすじは敗戦間際のナチスとフィルマにあるぞ⬆ 黒少佐 「最近、戦争映画見てないよね…

>>続きを読む

持たざる凡人が権力者の味を占めるとどうなるのか?というのを体現した映画で、これが実話に基づいた伝記映画であることが信じ…

>>続きを読む

ポルト

上映日:

2017年09月30日

製作国:

上映時間:

76分

ジャンル:

3.5

あらすじ

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ポルトガル第2の都市ポルト。 異国の美しい港町で出逢ったアメリカ人ジェイク(アントン・イェルチン)とフランス人留学生の…

>>続きを読む

かなり前にWOWOW録画。 故アントンイェルチン目当て。クレジットの最後にもfor Anton😢 ジム・ジャームッシュ…

>>続きを読む

リスボンに誘われて

上映日:

2014年09月13日

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人生を導くのは偶然だ     偶然によって導かれていくストーリー。   良質の文学を読んでいるかのような作品。    …

>>続きを読む

人生の中で心を奪われる物ってありますよね それは本だったり、絵画だったり、歌だったり… もちろん映画だったり その中に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フアナが長く幽閉され老人になった姿が見れますが 話は1496年から1506年を中心に描かれてます。(カスティーリャ王国…

>>続きを読む

ピラール・ロペス見たさに鑑賞。スペインの歴史物っていうのもなかなかないし。 ピラール・ロペス、顔面蒼白な薄化粧でもめち…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

リトアニアのシャルナス・バルタス(Šarūnas Bartas)監督作もう1本。 こちらも某Tubeにて。 ヴェネチア…

>>続きを読む

「はなればなれに」で思い出し(地下鉄の看板文字) 圧倒的絶望感を圧倒的な自然の映像と登場人物の表情のみで体現した傑作…

>>続きを読む

ホース・マネー

上映日:

2016年06月18日

製作国:

上映時間:

104分
3.9

あらすじ

どこからか手紙が届いた。いまひとりの男の人生が終わろうとしている。 彼はアフリカの小さな火山の島からやって来た。あれから何十年経ったのだろうか。いまは記憶も途切れ途切れだ。彼の元に女が現…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【WAKANDA FOREVERが炸裂する時、漆黒のナイトメアは引き裂かれる】 有給取ってEUフィルムデーズに来ました…

>>続きを読む

なんかフィルムセンターで上映してたっぽいけど、この映画がペドロ・コスタ作品では一番自分的にしっくりきたな。 それまで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ここまでシャブをリアルにキメまくる作品は自分は初めて観た気がする。 FIXで構図がキメキメで、自然光(室内灯も含む)だ…

>>続きを読む

ペドロコスタ監督のドキュメンタリー映画。 ドキュメンタリーの舞台は、ポルトガル(リスボン)郊外のスラム街。 “ヴァンダ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「破壊衝動は創造衝動なんだ」 ↓あらすじ 銃弾もはねのける厳重なハイテクリムジンに乗り警護班に守られる大富豪。床屋に…

>>続きを読む

28歳にして巨万の富を得た投資家エリックはトイレ完備の生活必需品全て揃った嫌に小綺麗なリムジンで2マイル先の床屋を目指…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 ジルベール・ヴァランス(ミシェル・ピコリ)は、舞台を中心に活躍しているベテラン俳優。ある日、ヴァランスは妻と娘夫婦が…

>>続きを読む

年老いた名舞台俳優ヴァランスはある日、事故で妻と娘と娘婿の3人を亡くし、孫と暮らすことを余儀なくされる。淡々とした日常…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

綺麗なお姉さんは好きですか?ってそりゃ好きですよ、当たり前でしょ。でもやっぱり綺麗すぎるお姉さんには美しさより恐怖を感…

>>続きを読む

エンドロールの汽笛の音で昇天。フィールドレコーディングス的なジャンクノイズ。月光、月の光のあざとい反復をも全て無かった…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1928年のチリ。 父エステバンと母クララの出会いから始まる、名家トゥエルバ家の喜びと苦悩の半世紀。 豪華キャストの割…

>>続きを読む

役者も良いし重厚な雰囲気や映像も良いのだがオープニングでいきなり凄い違和感が・・・ 超能力設定って必要か?と言うより…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 パリに暮らす米人文学研究者のマイケル(ジョン・マルコヴィッチ)は、フランス人の妻ヘレン(カトリーヌ・ドヌーヴ)を連れ…

>>続きを読む

始まって5分くらいのカトリーヌ・ドヌーヴのクロースアップから普通じゃない。一般的なクロースアップよりもカメラは遠いとこ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日本未公開のスペイン映画。30代の若さにして多発性硬化症と診断され、100メートルを歩行する事も難しくなる言われた主人…

>>続きを読む

多発性硬化症という難病を患ってしまい、一年後には100メートルも歩けなくなってしまうだろうと宣告されたラモンは一念発…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

3600作品目…☆ 大好きな「短編作品」…に…♡ 美しい「音楽」…♡ 「写真集」のような映像…♡ 人々の「喜び」…♡…

>>続きを読む

2015年。ただただ、ただただ素晴らしかった。100歳を越えてなお映画を撮り続けたオリヴェイラの(たぶん本当の)遺作短…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「水の音」って… なんで、こんなに 「心が」…落ち着くのかな…♡ 良い気持ちだった…♡ ず〜〜〜〜っと… 聴いてい…

>>続きを読む

水の出る彫刻を撮った一分。 自分もこういう映像よく撮るからシンパシーを覚える。

アンジェリカの微笑み

上映日:

2015年12月05日

製作国:

上映時間:

97分
3.6

あらすじ

ポルトガルはドウロ河流域の小さな町。カメラが趣味の青年イザクは、ある夜、若くして亡くなった娘アンジェリカの写真撮影を依頼され、町でも有数の富豪の邸宅を訪れる。白い死に装束に身を包み、花束を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

死をテーマにしたラブストーリー 死がテーマなんだが重くなくてむしろ美しいばかり クラシック音楽と雨の音が何か奏でている…

>>続きを読む

レンタルで再度鑑賞。私の個人的な、昨年の洋画ベストワン(キネマ旬報ベストテン3位)。冒頭の、雨降りの深夜に富豪邸の執事…

>>続きを読む

アランフエスの麗しき日々

上映日:

2017年12月16日

製作国:

上映時間:

97分
2.9

あらすじ

100%思いのままに撮った生涯で初めての映画だ―ーヴィム・ヴェンダース ルー・リードの名曲『パーフェクト・デイ』とともに映し出される無人のパリ やがてカメラは、柔らかい夏の風が吹く木陰…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年、映画館初めは「パリ、テキサス」「ベルリン・天使の詩」の名匠ヴィム・ヴェンダース監督最新作「アランフェスの麗…

>>続きを読む

いつもヴェンダースは新作が公開されてもDVDが出るのを待っていたけど、今回はいつもより興味があったし日程もあったので劇…

>>続きを読む
>|