ポルトガルのおすすめ映画 154作品

ポルトガルのおすすめ映画。ポルトガル映画には、アンジェリカの微笑みや、メラニー・ロランが出演するリスボンに誘われて、ポルトなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

アンジェリカの微笑み

上映日:

2015年12月05日

製作国:

上映時間:

97分
3.6

あらすじ

ポルトガルはドウロ河流域の小さな町。カメラが趣味の青年イザクは、ある夜、若くして亡くなった娘アンジェリカの写真撮影を依頼され、町でも有数の富豪の邸宅を訪れる。白い死に装束に身を包み、花束を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

死をテーマにしたラブストーリー 死がテーマなんだが重くなくてむしろ美しいばかり クラシック音楽と雨の音が何か奏でている…

>>続きを読む

レンタルで再度鑑賞。私の個人的な、昨年の洋画ベストワン(キネマ旬報ベストテン3位)。冒頭の、雨降りの深夜に富豪邸の執事…

>>続きを読む

リスボンに誘われて

上映日:

2014年09月13日

製作国:

上映時間:

111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

スイス・ベルンの古典文献学教師ライムント・グレゴリウス、57 歳。多様な言語に精通し、チェスの名士で、同僚 や生徒から畏敬される存在。学校へと向かうある嵐の朝、グレゴリウスは橋から飛び降り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人生を導くのは偶然だ     偶然によって導かれていくストーリー。   良質の文学を読んでいるかのような作品。    …

>>続きを読む

人生の中で心を奪われる物ってありますよね それは本だったり、絵画だったり、歌だったり… もちろん映画だったり その中に…

>>続きを読む

ポルト

上映日:

2017年09月30日

製作国:

上映時間:

76分

ジャンル:

3.6

あらすじ

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 なだらかな坂道の真ん中に佇む雰囲気の良いレストラン、日中に雨が降ったらしく、石畳の上は僅かな湿り気を帯びている。ジェ…

>>続きを読む

最初はヒロインがどうしてもスティーヴン・タイラーに見えちゃってアイズをクローズしたくもなったけど、そんな小さな事には目…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

悲愴と名の付くベートーヴェンのソナタ第一音から幕を開ける。ジャーン。舞台は伝説の聖人になりきってしまった者が集まる精神…

>>続きを読む

【これはアイドル映画でもダンテ映画でもありませぬ】 先日購入したオリヴェイラDVD-BOXの一本「神曲」を観た。「神曲…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2回目の観賞。 中年ドラァグクイーンのトニアが、息子ゼ・マリアや恋人ロザリオ、周囲の人々との交流しながら、病によって命…

>>続きを読む

良い、良すぎる。 自己と性から乖離する肉体の変容、その孤独を癒し、また苦痛も与えた愛と信仰。 冒頭、折り紙での鮮やかな…

>>続きを読む

ミステリーズ 運命のリスボン

上映日:

2012年10月13日

製作国:

上映時間:

267分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

ラウル・ルイスが最晩年に遺した大作をようやく鑑賞。 某海賊漫画みたく様々な人物の回想を挿入した、入れ子構造の連続とな…

>>続きを読む

ポルトガルを中心にイタリアやフランス(プポーさんやセドゥさんの出番がちょっとだけ)をまたにかける19世紀の群像劇。スタ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「破壊衝動は創造衝動なんだ」 ↓あらすじ 銃弾もはねのける厳重なハイテクリムジンに乗り警護班に守られる大富豪。床屋に…

>>続きを読む

28歳にして巨万の富を得た投資家エリックはトイレ完備の生活必需品全て揃った嫌に小綺麗なリムジンで2マイル先の床屋を目指…

>>続きを読む

ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区

上映日:

2013年09月14日

製作国:

上映時間:

96分
3.3

おすすめの感想・評価

ポルトガル生誕の地、ギマランイス歴史地区。2012年、この地が欧州文化首都に指定されたことを機に制作されたオムニバス映…

>>続きを読む

4人の監督によるオムニバス。テーマはポルトガルのギマランイス歴史地区。4つ目"征服者、征服さる"の監督はオリヴェイラ。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『REC/レック』シリーズの脚本家が手掛けるサイコスリラー作品。 内戦時代のスペインで痛覚を持たない子供たちが次々と…

>>続きを読む

1931年スペイン内戦直前に痛みを感じない無痛症の子供たちが誕生した。痛みを知らないがゆえ自分達を傷つけたり、周りの人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

17世紀の画家ジョルジュ・ド・ラトゥール。この映画は夜の画家と言われた彼の絵画に酷似した映像世界を持つ。木目調と暗闇が…

>>続きを読む

高名なオリヴェイラ監督の作品見るのはじめて。103歳の時の作品らしく、いかにも老熟した奥ゆかしい豊かさが漂う一作だった…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ペドロコスタ監督のドキュメンタリー映画。 ドキュメンタリーの舞台は、ポルトガル(リスボン)郊外のスラム街。 “ヴァンダ…

>>続きを読む

ポルトガル、リスボンのスラム街、部屋で麻薬に埋もれているヴァンダとその周りでは解体が進み、常に工事の音が鳴り響く。野菜…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

@シネ・ヌーヴォ ラストのその一瞬で印象がガラリと大きく変わる映画がたまにありますが…今作がまさにそれでした。 ボン…

>>続きを読む

インドにいるパイロットの父親に会うために地中海をめぐる船旅に出発した母娘の姿を描いた映画。 イタリアのベスベオ火山、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

やはり私はペドロ・コスタが好きなよう。 「ヴァンダの部屋」でコスタを知り、あまりの難解さに匙を投げそうになりました。 …

>>続きを読む

フランス人女優ジャンヌ・バリバールの歌手活動を追ったドキュメンタリー映画。歌のレッスンからアルバム作り、ライブの映像を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

年老いた名舞台俳優ヴァランスはある日、事故で妻と娘と娘婿の3人を亡くし、孫と暮らすことを余儀なくされる。淡々とした日常…

>>続きを読む

この映画で描かれる「老いの狼狽」は「若気の至り」に対して優位に立つ残酷さに満ちております。   マノエル・デ・オリヴェ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これは今までに観たオリヴェイラ作品の中では一番良かった。 自動車という親密な空間のなかで交わされる会話と、時折インサ…

>>続きを読む

引用:ポルトガル最北端へのルーツを辿る追憶のドライブ。過ぎ去った遠い過去とまだ見ぬ故郷の二つのサウダーデ(旅愁)をめぐ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 港町のある一角では、まるで戦争のような暴動が起きている。ヒスパニック系の白人と黒人たちが互いに武器を持ち、奇声を浴び…

>>続きを読む

サミュエル・フラー監督特集 in YCAMにて。 80年代後半の独特のいなたさに溢れた、だけどやけにスタイリッシュな、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1928年のチリ。 父エステバンと母クララの出会いから始まる、名家トゥエルバ家の喜びと苦悩の半世紀。 豪華キャストの割…

>>続きを読む

ずーっと、昔に観たのに強烈な印象が残っている作品。 今思えばジェレミーアイアンズ、ウィノナライダー、メリル・ストリープ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

とんでもないものを観てしまった。 台詞は一切なく、物語性を完全に排し、キャメラはほぼ屋敷の中から出ることなく、そこで…

>>続きを読む

二年前にアップリンクで鑑賞後、最近DVDを購入。 その名の通り、舞台は「家」。 「家」には老若男女や動物。様々なものが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

彼らが選んだ愛のカタチ… 代用品とも理想像ともとれる互いの認識 もしかしたらそれは愛とは違うモノかもしれない だがそれ…

>>続きを読む

アテフラのJPR 特集にて。 交通事故死したゲイ青年へ何故か強く固執して、自分を同化していく女の話。傑作とは思うが、主…

>>続きを読む
>|