タミー

思秋期のタミーのレビュー・感想・評価

思秋期(2010年製作の映画)
4.0
傷心の暴れん坊おじさんの物語。もしかしてこれ、サノスの物語?

ちょっと気に食わないことがあると大暴れ。喧嘩と逃避の日々の中で知り合った女性。彼女の優しさを試す様子は、親の愛情を試す思春期の男の子のようで痛々しい。

キレキャラ主人公の成長物語かと思いきや終盤、主人公がまた怒りを爆発させる。でもこれは傷付いた友達のため。友達のために怒るって、それは優しさだと思うよ。

それにしても、そんな終盤での主人公の台詞「皆やるべきことが分かっていてもやらない。私はやる人間だ」って、それ「インフィニティ・ウォー」のサノスが言っていたこと(やっていたこと)と一緒じゃないか。
最後の清々しい表情まで一緒。
意外なところとの繋がりを見せた作品でしたとさ。