ちょりそ

バイオレンス・レイクのちょりそのレビュー・感想・評価

バイオレンス・レイク(2008年製作の映画)
3.7
親が親なら子も子

DQNの親からはDQNしか生まれないんでしょうね

終始胸糞展開

子供達の悪態はもちろんむかつくけど主人公の女がアホすぎてアホすぎて

夫が縛られてる間に逃げれるだろとか

なよなよボーイの不審な行動に気づいてチャリ奪って逃げれただろとかいろいろ考えてしまってモヤモヤ

でも後半はスカッと展開もそれなりにあり楽しめた

DQNグループのファッキン雌豚ガールを盗んだ車でぶっ飛ばしたあたりは最高潮にシビれました

esとか孤島の王とか、もっと言えば半沢直樹とかもそうだけど序盤の胸糞展開からの逆襲劇がたまらなく好き

まぁラストはやるせないけど、終盤の展開は十分見応えありでした