心太

無法の拳銃の心太のレビュー・感想・評価

無法の拳銃(1959年製作の映画)
3.0
悪党たちにのっとられた小さな町を舞台に、駆け引きしあう人間同士のかかわりを描いた西部劇。

静かな町ワイオミングの男たちは、領地や女性をめぐる争いの火種をくすぶらせていた。しかし、ある日突然乱入してきた騒々しい悪党たちによって人々の生活は一変する...。

悪党のリーダーを演じたバール・アイブスが、淡々とした中にもすごみのある風格を漂わせ、作品をひきしめた。