チーズマン

ロッキー5/最後のドラマのチーズマンのレビュー・感想・評価

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)
3.2
あっ、そっちなんだね……。

作り手側に立って考えたら、今までずっとやってきたこのロッキーシリーズをどう終わらせたら良いのかと悩んだ末にこういう方向で行く気持ちも分からなくはないけど、これで終わり?これが終わり?ってやっぱなるでしょ!

まあこれはこれで良い味が…っていうのは、はっきり言って次作のファイナルがあってこその事だと思う。
と言ってもべつにつまんなくはないし後半まで普通に楽しく観れたけど、やっぱラストが不満だった。今までと違う方向にハンドルを切った割にはどっちつかずで、なんかまだ明らかに作り手側の迷いを感じた。演出と編集も。
迷うくらいならそのまま真っ直ぐアクセル踏むか、曲がるにしてもせめてもっと全開でハンドルを切って欲しかった。

やっぱ世評うんぬんよりも、迷ったまま終わらせてしまったことがファイナルへのきっかけじゃないかと思った。