ロッキー5/最後のドラマの作品情報・感想・評価

ロッキー5/最後のドラマ1990年製作の映画)

ROCKY V

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.3

「ロッキー5/最後のドラマ」に投稿された感想・評価

HaDoSon

HaDoSonの感想・評価

3.0
「何よりも優先すべきものは家族。初期の頃のロッキーに戻ったような作品。ボクシング映画というよりは今回はヒューマンドラマ要素が強かった。」

今回は今回でよかったかな。ロッキーが昔のようにボクシングしまくると思いきや、どちらかと言えば家族や自分の力を後継する弟子に焦点をあてた作品。今回は鑑賞してしんみり感動する。あんまり熱くはならなかったのは残念かな。
おこめ

おこめの感想・評価

3.6
ロッキーがリングには上がらず、選手をマネジメントし育てる。そして親子愛も築き上げるという作品

終わり方が少し不完全燃焼な気もしたけど、スカッとするような終わりかたであったし父と息子の家族愛が段々と築き上げられていくのがよかったです
テーマは親子愛
愛弟子に熱中することで自分の息子をないがしろにするロッキー。自分の愚かさに気づいてくれてよかった!
ロッキーシリーズではないと見たら素晴らしい作品なのだろうけど…。
突如エンディングが流れて、「終わり!?」となったほど、すらっとした内容だった。
2018年 18本目

家族の絆。
トレーナーとして鍛えるか、父親として育てるか、ロッキーの成長と葛藤が描かれている。
トミーのことは一切好きになれなかったけど、ロッキーは彼のことを息子のように思っていたんだなと感じた。
最後までロッキー自身の試合が無かっただけに、最後はファイトシーンを見せてくれてよかった。
エンドロール何回でも見ていたい。
ki

kiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

トミーが自分の再来のように思えて息子に構ってあげれなかったけど、ロッキーがもう一度這い上がるチャンスであるということも理解できた。
その中で、家族を失いかけて、でも一番大切なものを取り戻せてよかったし、トミーに関しては金目当てじゃなくて育てたかったおもいだけだったのい、勝手に金目当て扱いされてキレたロッキーが彼に勝つまでの流れよかった
『ロッキー』シリーズを通して見ると、如何にスタローンがボクシングに興味がないかがわかります。
リスペクトすらしてないでしょう。
じゃなきゃ、こんな脚本は書けないでしょう。ボクサーがストリートファイトするっていうのは考えられませんね。
一般人にも普通に手を出してますし…


スタローンはボクサーよりもロッキーが好きなのがよく分かりました。
やっぱりミッキーのシーン。
なんだか自分が励まされているような気がしてきます。言葉は汚くても愛がある。あんたは天使だ。
チェケ

チェケの感想・評価

1.5
突然クソ映画になり下がったロッキーシリーズ。ファイナル公開までは晩節を汚した状態のままだった。
Damien

Damienの感想・評価

4.2
ロッキーのファンが見る映画
ボクシング映画と思ってロッキー5を見ると物足りない
ロッキー5はヒューマンドラマ
監督がジョンGアヴィルドセンに戻ったことにより一作目のロッキーのような雰囲気を取り戻した作品
とても面白い
>|