ぽにょ

パシフィック・リムのぽにょのネタバレレビュー・内容・結末

パシフィック・リム(2013年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかったねー!映像が!ていう作品でした。
怪獣VSメカヒーロー!ていう、アメリカ人が作ったとは思えないくらい日本の怪獣映画を襲名したような、世襲したような…(単語が思い出せなくてもやもやもや)
で、物語がどうこう、というよりもとにかく映像のカッコよさで魅せる!ていう作品でした。ロボと怪獣の戦闘シーンがとにかく重量感があってかっこいい!バンバン倒れる建物とか、原子力使ったビームとか。これは大画面で見る価値があるなあと思いました。
キャラクターも個性あってよかったなあ。やくざのおっさんとかオチででてくるとは。。。メガネの怪獣おたくの人が個人的には好きかな。きもかわいい感じで。
芦田愛菜ちゃんでてきたときはびびったなあ。名演技でさすがだよって思いました。
まあストーリーは怪獣倒したぞ!いろんな犠牲は払ったけども!
ていうことでまあ、うん、よかったね・・・てなったんだけど
ラストシーンでローリーとマキがちゅー・・・するの!?しないの!?
みたいなのでしないてやつが時かけみたいでよかったです。