パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

これは劇場で見るべきだったと見終わった後に後悔した映画です。
なんでDVDで、しかもパソコンの小さい画面で見たんだろ。笑

幼い頃ゴジラやガメラ、ウルトラマンシリーズを見て育った人間なので、その夢中になってた時を思い出させるような作風。

そして迫力抜群のアクションシーンで、見る前まではそんなに高くなかった期待値を簡単に飛び越えてくれました。

ギレルモ・デル・トロ監督本人が日本の怪獣に影響を大きく受けているだけに、その尊敬の念を感じましたし、そこに日本人キャストも自然と溶け込ませる演出の巧さを見せてくれました。

続編にデル・トロ監督は全く関わってないみたいで、その時点で見る気が急降下。笑
まだ見てませんが、それで面白かったらまた後悔するんだろうな。笑
Mitsuki

Mitsukiの感想・評価

4.5

3回目の鑑賞やったけど、やっぱり大好きな作品💓

登場人物それぞれキャラクターがハッキリしてるから、ストーリーにも入り込みやすいし、何より怪獣とイェーガーの闘いは海外ならではの迫力があって、鳥肌立った💦

日本人が海外映画で活躍してるのを観るのってなんか誇らしい🌹✨
何回も繰り返し見ちゃう。かっこいいし面白い。

クリムゾン・タイフーンが1番好き。
カール

カールの感想・評価

3.7
親から子へ、育ての親から子へと受け継がれる意思。
主人公とヒロインが搭乗し怪獣を倒す理由として、復讐があった。主人公は兄を殺され、ヒロインは家族を殺された。
これはこの映画において結構重要だったと思うんだけど、そのシーンについては、ドライブの時に映った程度で、内容が薄くあまり感情移入できなかった。もっと殺されるところやその時の感情を共有できたら良かった。
総合格闘技的なバトルの適正な相手選びが、なぜ棒切れを振り回すことだったのだろう。棒切れを振り回すのが上手いのと喧嘩が強いのは違う。冒頭でも喧嘩には負けたことがなかったといっていたから、喧嘩の強さは関係するのだろう。あんな巨大な鉄?の塊がヘリで移動するのは、、、とか考えてしまってはキリがない。主人公の演技が気になったけど、他の方の演技は良かったと思います。あの二人のドクターのコンビネーションは最高でした笑アクションの中にも面白い演出やアングルを起用していて面白かった。
Mimily007

Mimily007の感想・評価

4.0
音楽のかっこよさ、何度みても胸騒ぎ!

イドリス・エルバ、いい味だしてます。
ぶち

ぶちの感想・評価

4.0
いい映画!
2人で操作するのとかストーリーがちゃんとしてるし設定も最高
映画によくある作者のお都合とかなくて見たあともスッキリするー
サエコ

サエコの感想・評価

3.9
アメリカSFらしい、犠牲はいとわないけど主人公は勝ってロマンスもあり。それに日本みたいな丁寧な説明が加わった感じ?カイジューの側の都合も考えさせられた笑
劇場視聴済。地上波放映記念に。カットにあまりストレスを感じなかった。丁寧に編集してくれたのだと思う。おかげで気持ちよく6才児に戻って「いぇーがー!がんばえー!!」と叫べた。感謝。最高。タンカーソード最高。観ると子どもに戻ってしまうので語彙力が奪われる。(2016/3/9
HST

HSTの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーにやりすぎ感あったし、骨折ぐらいで子供に自爆させてんじゃねーよって思ったけどまぁ面白かった!!
troy

troyの感想・評価

3.7
「作品のテーマは愛である」
監督の特撮への愛。怪獣、ロボットへの愛。それを最初から最後まで全力で浴びせられるのだから、大きくなっても少年のままである方達は大層熱くなられることであろう。俺もその一人であれば良かったのだろうが、特撮には詳しくなく、ロボットや怪獣にも興味を示さない少年時代を過ごしていたのである。しかし、この作品はそんな俺でも熱くなり、この監督のあまりにもな愛情に、全然泣けるシーンでもないのに落涙。作品そのものより、熱意とこだわりで感動してしまった。この監督、やっぱ好きだわ、うん
>|