パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

しんや

しんやの感想・評価

3.6
太平洋沖の深海の割れ目から現れる怪獣と人類との闘い。2人の兵士が操作する巨大ロボット・イェーガーを作り、一時は優勢だった人類だったが、次々と現れる怪獣たちにやがて地球滅亡の危機にさらされるが・・・

最後の闘いということで集められたイェーガーと兵士達。
主人公はかつての闘いで兄を亡くしたローリー、そして彼の相棒になるマコを菊地凛子、マコの幼少期を芦田愛菜が演じているのだけど、芦田愛菜が改めて凄いなぁ〜と。
イェーガーのフォルム、怪獣の内臓とか
菊地凛子の頑張り・・・ワクワクポイントはたくさんあったけど、1番残ってるのは、愛菜ちゃんの泣き顔やもんなぁ〜参りました。
TED

TEDの感想・評価

-
めちゃくちゃベタな映画なんですよ。どのシーンもどっかで見たことあるような。でも、だからこそワクワクしながらも安心して見られる。
u1

u1の感想・評価

4.6
子どもの頃、思い描いてたロボットの映像と闘いがある映画。

映画館で観ないと迫力がすごく減る。
ふー

ふーの感想・評価

3.8
日本の特撮映画好きなんだな〜っていうのがバトルシーンでヒシヒシ伝わってくる映画。もっとこう構成をしっかり作れっていうのもちらほら聞こえるがこれはこれでよかったんじゃない?って思う。
唐突な日本語で何度かびっくりする笑
Qwcyc131

Qwcyc131の感想・評価

1.5
いろんな意味で残念すぎる。
アメリカ映画らしいよくあるバターン。
司令官の命令を聞かないパイロット。
政府から見放された部隊?が地球を救う。
何故菊地凛子とシンクロ?棒術で適正判断?
怪獣とシンクロ?で弱点解明!!!
簡単に閉じた異次元空間。
脈が止まり、息もしてないのに、抱きしめただけで復活。
強引なストーリー、展開にかなり白けました。
moyamoyam

moyamoyamの感想・評価

3.5
エ○ァンゲリヲン…?
芦田愛菜出てきてちょっとビックリ
菊地凛子地球外生命体と戦いすぎちゃう?
Yuki

Yukiの感想・評価

4.1
ホントに日本の特撮とか好きなんだろうなぁってのがヒシヒシと伝わってくる作品。
益代&由美子剣店のインパクト強め

思ったより悪くないKAIJU映画でした
昔観てた戦隊シリーズを思い出して懐かしい気持ちになった。


怪獣に感情移入してしまい、ちょっぴりかわいそうでかわいい怪獣達
Simon

Simonの感想・評価

4.3
こういうの苦手で避けてきたけど意外に面白いじゃないかー
怪獣っていうからゴジラみたいなの想像しててあまりの違いにもびっくり。
とにかく迫力とスケールがでかいので観てて怖くなるというかスカッとするというか、なんとも複雑な気持ち。


2019🎥066
>|