パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

あき

あきの感想・評価

4.3
メインテーマがカッコ良すぎるでしょう。
曲が流れるたびにケツの穴は閉まるし背筋は伸びるし、なんか燃料が注入されたような感覚でした。
さあオレも闘うかって思っちゃう
終始熱気ムンムンで観賞していました。

ストーリーに関して思うことは一つだけ
"人類vs地球を脅かす敵"という構図なのだから熱くならないわけがない、ということ。
熱くならない奴がいたとしたら、さてはお前人間じゃねーな
すごいと思ったけど最後まで見ると普通な作品に感じた。もっと戦ってほしい
映像すごい!

こういうSF大好きです、、ストーリーも分かりやすくてお酒飲みながらでもしっかり楽しめますね!
デル・トロ監督作品を観るのは2作目です。エンドロールで本多猪四郎に捧ぐ、とあったのに感動しました。たしかにゴジラシリーズへの圧倒的なオマージュの怪獣シーンだったように感じました。

あとはなにげにエヴァっぽかったような。
あとはガンダム?マジンガーZ?

いずれにしてもデル・トロ監督の世界観が素敵な作品でした。


次は『ミミック』か『クロノス』を観てみようかな。デル・トロ監督、嫌いじゃないです。
ゆら

ゆらの感想・評価

5.0
あまり深く考えずに見ることができる。
曲がいいよね。
あまり語ることはないかな。
・襲われる人間視点での、怪獣描写。
・日常生活で聞いたことのある音(車の中サイレンシグナルなど)もちゃんと聞こえるようにしていて、リアル感が増す
・色彩が良かった
・ストーリーもわかりやすく、盛り上がりもあった。
・さすがギレルモデルトロ。
Hero

Heroの感想・評価

3.5
過去に囚われた男と女、狂った科学者、冷酷無比なロシアンユニット、息ピッタリ中国歌劇団、頑固な司令官アルマゲドン風味、とまぁステレオタイプにもほどがある登場人物たちがロボに乗ってカイジューと対峙する作品となっております。
相変わらずのガンギマリルックは安心安全のギレトロ印、染谷将太と結婚して以来パッとしない愛しの菊地凛子とモノマネ入門編でお馴染み芦田のまなちゃんも頑張ってました。
でも、やっぱり僕はパシフィック・ヒムの方が好きだ。カイザー設楽と腹グロリズムに操縦されジョユーやもでると対峙し、毎回もれなく嫌われるヒムの悲哀がたまらない。是非電車内の待ち時間で。

何はともあれロン・パールマン最高!!!!!
冒頭10分で
あ、この映画絶対好きなやつ!
って思った.

少し気になるところが2つ,
この映画の監督はオーバーな演技が好きなのかな?
ってくらい違和感があるシーンがいくつか.
あと,
怪獣vsイェーガーがメインの映画だとは分かっていても
中盤の戦闘は長いなぁって思う.
飽きさせない要素が欲しかったかな.

次回作に期待です.
gasoline

gasolineの感想・評価

4.5
機敏でハイテクというより大きくて重くて
ちょっと古風なジプシーデンジャー。
怪獣がとても気持ち悪い
主人公がいきなりどん底に落ちる
菊地凛子さんがとても可愛らしい
ロボットが大きすぎる(よく作れたよね)
ロシアとか中国とかのロボットの個性
黒人の司令官が何か隠し事してるみたい
がむしゃらに頑張るクレイジー科学者
最後に登場する怪獣が怖すぎる
黒幕の宇宙人(?)がちょっと見た目可愛い
そして音楽がラミンジャワディ!
ギレルモ・デル・トロ監督は暗くて怖くて難解なダークファンタジー作品ばかり撮っているけど、本作は怪獣愛があふれ、スカッとしたSFアクション映画である。
怪獣オタク必見!
>|