パシフィック・リムの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

パシフィック・リム2013年製作の映画)

Pacific Rim

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

あらすじ

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

TsukiY

TsukiYの感想・評価

4.0
最&高。
映画館で観れてよかった。
男の子に戻った3時間。

香港ほど、怪獣プロレスに向いている街もないよ。
REN

RENの感想・評価

4.4
王道!特撮好きメカ好き怪獣好き誰でも等しく大好きなやつ。
船を引き摺りフルスイングするという構図は誰もが胸を熱くすること間違いなし。ウルトラマン好きのギレルモ・デル・トロ監督だからこそ出来る芸当だ。
恋だのキスだの一般的な映画のセオリーを無視した“作品における必要な要素”のみを投入し、ノイズもなく冷めることもなく最後まで突き抜ける興奮。ハリウッドだって怪獣は撮れる!と証明した映画。
buccia

bucciaの感想・評価

4.2
夏休み・冬休みの午前や平日の夕方に連日再放送していた特撮怪獣ものやロボットものをテレビに食い入るように観ていたあの頃。『パシフィック・リム』という作品と出会い、まさか大人になってもう一度あの頃のワクワク感が味わえるとは思いませんでした。ベタベタな王道ストーリーに昭和のスポ根ドラマのような人間模様、昭和世代にはもう激アツすぎる作品で、大人も子供も夢中になれる傑作怪獣ロボット映画です!

その世界観だけでなく、昭和のロボットものを彷彿させるような巨大人型ロボット"イェーガー"の造型、巨大モンスターを「KAIJU」とネーミングしたそのセンスとその「KAIJU」の咆哮や形態の表現、パイロットの概念や必殺技を叫ぶシステムなど日本の特撮作品へのリスペクトが半端ないです。ギレルモ・デル・トロ監督の日本の特撮・ロボットアニメ文化への造詣の深さに感心するばかりで、日本映画も見習ってほしいものです。

作品の面白さだけでなく、日本人俳優が出演している点も注目の一つ。『パベル』でハリウッドデビューを果たし多くの女優賞を受賞した菊池凛子が森マコ役で出演しています。けっこう重要な役で日本人俳優もとうとうハリウッドに認められてきたんだなぁと感慨深いです。そして、あの天才子役としてデビューした芦田愛菜ちゃんもハリウッド初出演ということで初々しい演技を是非観てほしいですね。
思ってたよりたのしかった
ギレルモデルトロの怪獣映画
芦田愛菜かわいい

イドリスエルバが日本語はなしてる笑
IMAX 3D 吹替
監督が永井豪先生のファンだからか、先生の推薦を読んだか何かで観に行った。
こくい

こくいの感想・評価

4.0

巨大ロボVS怪獣!ド派手なCGで見応え抜群!イェーガーかっけぇ!面白かった!俺に触るな

あと久々に洋画を吹き替えで見たけど、これは正解だった!
Yellowbird

Yellowbirdの感想・評価

3.1
ずっとみたことあると思ってたら、みたことなかった!
怪獣をそのまま「カイジュー」っていってる。
結構アジア的要素がある映画でした。
2020 27本目 以前見たけど2回目。やっぱり日本の古い特撮やロボットアニメ好きな監督なだけありカッコいい描写が多い。
ArcherK

ArcherKの感想・評価

4.0
未知の世界から現れる“怪獣”と人類の最終兵器ロボット“イェーガー”が激突する。人型巨大ロボットの軍事的合理性の無さを実感するけど、超かっこいい。ホームシアターにするなら、大画面・ブルーレイで最高に映える。あと、唐突な芦田プロの演技が見どころ。
最高すぎる〜!

巨大ロボットvs怪獣!自分の好みど真ん中👏👏
>|