パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

分からん。
面白いか面白くないか分からん。
芦田愛菜可愛い。
mayapus

mayapusの感想・評価

3.0
トランスフォーマーと、エヴァと、日本沈没と、ゴジラとインディペンデンスデイを合わせた感じ。菊地凛子の役は最初の強さで保ってほしかった。芦田愛菜ちゃんかわいすぎ、演技泣ける。ロボットたちは、いろいろ起動が遅かったり、躍動感がなくて、ちょっといらいらした。ギレルモ監督って幅広すぎ!!すごい。
こうこ

こうこの感想・評価

3.5
愛菜ちゃんがすごくかわいい。
ギレルモ監督の「好き」が詰まった映画だなあ、と思って、なんだか微笑ましいような気分になった。
おもんな。
ブルゾンやん。
エヴァのヒロインが全員ブスなら見ないって話。
kenken

kenkenの感想・評価

3.9

hulu.

遠い未来の話。
怪獣と呼ばれる生物と人間が戦う。
大きな怪獣と戦うべく
人間が活用したのはロボット!

話の流れはスムーズで
見ていて面白かった!
また、怪獣が日々進化し、
人間を脅かす姿も良かった。
えび美

えび美の感想・評価

4.0
あんまり期待しないで見たらそこそこ面白かった!
普段ロボット物見ないのでなんか新鮮。ストーリーも王道といった感じで外さない映画って感じかな。
もり

もりの感想・評価

4.0
めっっっっっちゃくちゃ楽しかった!!一言目がこれかい感はあるけど本当にこれに尽きる。バディ映画(※恋愛ではない)として見てもKAIJU映画として見ても組織映画としてみてもイドリスエルバの映画として見ても激アツ。みんな最高だったよ…。
まず映像が強い。イェーガーの外身のカッコ良さ!サイコーなKAIJU!中の極彩色の光!そして香港!!!みんなが大好きなネオンに彩られたアジアがこれでもか!って景気よく破壊されていく映像、脳みそが沸騰するかと思った。コンテナでゴリラぶん殴るの良かった。
鑑賞後のテンションで頭のいいことは書けないけどそれでもなんとなく色々な方面への優しさは感じた。デルトロ監督の映画はパンズラビリンスとシェイプオブウォーターしか見てなかったけど、ここまでテイストが違うのに根底には同じ優しさが共通しているのは好きだなと思った。あとキャラ萌えがすごい。
み

みの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

怪獣こわい
最初はあんまり好きじゃないと思ったけど最後の方は引き込まれた

→怪獣の世界に飛び込んでロボットを爆発させて怪獣と人間の世界の抜け道をなくす事に成功。ロボットに乗ってた2人は人間の世界に戻って助かる

ただ司令官がマコを守るために自爆して死んじゃうのは悲しすぎた、、
sayaka

sayakaの感想・評価

3.2
いつもヒーロー物あんまりなんだけどシェイプ・オブ・ウォーターの監督という事で鑑賞。やはり怪獣に若干愛嬌があるとこと人間たちも超人でなく人間ぽいのでまあまあかなぁ。
おみそ

おみその感想・評価

4.0
ギレルモ・デル・トロさんにとって『映画を創る』って、「独創性のある作品を撮りたい!」でも、「この素晴らしい原作を映像化したい!」でもなく、今まで観てきた作品や世界観を「自分ならこう描く!」って妄想して、それを実現させてる感じなんだろうか。
エヴァンゲリオンとガンダムとウルトラマンとゴジラと…進撃の巨人ぽさもあったかな笑
少年(成人済)の夢が詰まってる映画。
はい、文句無しに面白いです。少女(成人済)より。

二次被害お構い無しなあたりアメリカですね。
誰もキスをしない所がいい。
>|