パシフィック・リムの作品情報・感想・評価

パシフィック・リム2013年製作の映画)

PACIFIC RIM

上映日:2013年08月09日

製作国:

上映時間:131分

3.7

「パシフィック・リム」に投稿された感想・評価

いんやー…すごかった。ムダが一切ない。ひたすらに「これをやるんだ!!!!!!」っていう熱意が迸って隅々まで丁寧に作られてる。自分はあまり怪獣映画に馴染みがないから一歩引いたところから眺めてられるけど、これすきな人にはたまんないでしょうね。

戦闘シーンが、ちょっと何がどうなってるか理解しづらいのだけ引っかかったかな。あとこれは吹き替えのせいかもしれないけど、世界滅亡の危機なのになんかみんな闘ってるのが楽しそうに見えてしまった(これは悪い意味と言うより、生き生きしてんなーw という感想)。ともかく、物語が圧倒的なテンポで進んでいくのは爽快だった。このぐらい詰まってくれないと。
KEN

KENの感想・評価

3.5
記録
LEO

LEOの感想・評価

5.0
バカ映画、バカ映画、と言われているけれども、守るためにわたしは命を賭して戦うシーンで熱が入りすぎて泣いてしまう。
感情移入しまくって感動して泣いた作品なのでなーんにも考えずに見れるいい映画だよね!って言われることが多くてつらい。
イェーガーかっこよすぎる。

チェルノアルファのシーンが一番つらい
lion

lionの感想・評価

1.5
映画化する必要があったのだろうか
CGがとってもすごかった。
ウルトラマンとか好きな人が好きそう。
分かりやすいストーリーとド派手なアクションと近未来の世界観。
何も考えなくても面白い映画。ギークがかわいい。
loleco

lolecoの感想・評価

2.6
映画館で観るべきだった…
yuki5101

yuki5101の感想・評価

3.5
主人公機以外のかませ犬感。。
でも何も考えず楽しめるのはいい。男の子はいつまでもロボット好き。
GojiKawai

GojiKawaiの感想・評価

3.5
ワクワクしながら観た、いや看取ったとでも言うべきか。
メキシコで生まれ育ったオタクのおっさん(監督)が、日本の特撮映画への愛を莫大な予算で表現した映画とでも言うべきか。

最新の映像技術で表現された着ぐるみ感とでも言いますか、「カイジュウ」は「人が入ってる感」がないと「カイジュウ」ではないんだ!
という狂気じみたこだわりを感じて、大丈夫かなこの映画(笑)と呟くもよし。

そして、添え物だったはずの芦田愛菜の熱演を観て、末恐ろしい子と、呟くものもよし。

デルトロ監督のオタクっつぷりに呆れるもよし。

怪作ではあるが、快作でもあります。

続編?
もちろん観に行きます!
たけけ

たけけの感想・評価

4.0
うおおおおお!ってなった、すごかったなり~
>|